LibreOfficeのバージョン6.1.0をインストールしたので、おいらがやった手順を書きます。

 (これはアップグレードインストールですが、たぶん、アップグレードではなくはじめての場合でも、同じ手順だと思います。なぜなら、ダウンロードのリンク元には、アップグレード用のインストールですとも書いてないし、初めてインストールする場合のインストールです、とも書いてないし、当然、同じ意味で違った表現でも書いてなかったから。それと、おいらの経験上、どう見ても、インストールの手順とか表示とかがはじめてのインストールの場合と全くと同じに見えたから)。 
libre officeでgoogle検索。↓
 下記ページが見つかるので開く。↓
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/libreoffice/
 おいらの場合、ウインドウズ10で64ビットなのだが、ウインドウズで32ビット用及び64ビット用のリンクがあるページが出るはず。なので、おいらは、バージョン6.1.0で64ビットのリンク、すなわちLibreOffice(最新版)(64bit版)v6.1.0(18/08/08)(=LibreOffice_6.1.0_Win_x64.msi)を選んだ。
 6.0.6という安定版もあったが、今回おいらがダウンロードした時点はこのリリースから、半月ぐらい経っていたので、「まあ、安定版でなくてもいいだろう。もし、6.1.0に問題があるなら、リリースを中断して、ここに表示しないだろうから」という気持ちで6.1.0を選んだ。
 おいらは、googleクロームでダウンロードしているのだが、上記で書いたLibreOffice(最新版)(64bit版)v6.1.0(18/08/08)をクリックした。↓
すると、小さなダイアログがでて、そこにダウンロードというボタンが出たのでクリック。↓
すると、左下に、ダウンロード中の意味の表示が出る。ダウンロードの進行状況が小さな円グラフ(進行に応じてパーセンテージが100に近くなる)で出る。おいらの場合、4分ぐらいかかって、その円グラフが100%になった。↓
なので、その円グラフのあったところの「へ」のマークのボタンを押した。↓
開く、をクリック。↓
Libreoffice6.1.0.3のインストールウィザードへようこそ、というダイアログが出る。↓
次へ。↓
ラジオボタンが2つあり、片方が標準、もう片方がカスタム。この場合は大丈夫だと思うが、よく、標準を押すと、おいらにとって不要なソフトもインストールされることがあるので、とりあえずカスタムを選んで、次へボタン(戻れるので、必要なら、標準としてやり直せるし)。↓
そしたら、おいら的には、全く無問題だったので、そのまま、次へボタン(戻るを押して、標準を押しても同じ効果なのでそのまま次へボタンを押した。)。↓
すると、例えば、マイクロソフトワードのファイルがでたら、LibreofficeのWriterのソフトでファイルが開きますよー。それでもいいですかー。表計算とかプレゼンソフトでも同様ですよー。必要なら、チェックを入れてくださいねー、っていう旨のダイアログが出た。↓
なので、おいらは、すべてのWriterとかcalcとかその他すべてのofficeソフトにチェックを入れた。↓
次へボタン↓
デスクトップにショートカットアイコンを入れるという旨にチェック。でも、負荷を少なくするために、PCスタート時には起動させたくなかったので、「システム開始時に・・・」にはチェックを入れなかった。↓
インストール、というボタン。↓
すると、インストールが始まる。インストール状況が、横の棒グラフみたいので表示される。↓
で、2分ぐらい経ったけど、その棒グラフみたいのはなんの変化もなかった。そしたら、それは単においらが、あの画面が真っ黒になるやつ、すなわち、「アプリに変更を加えますがよろしいですか?はい。いいえ。」のダイアログが、他のウインドウに隠れていて気が付かなかった。なので、そのダイアログに、はい。↓
すると、ちゃんと、その棒グラフみたいのが、変化していった。すなわちインストールが始まり、その最中っていう状態になった。↓
約5分経った。そしたら、「インストールウィザードは、libreoffce.6.1.0.3を正常にインストールしました。「完了」をクリックして、ウィザードを終了してください」と表示された。↓
完了ボタン。↓
デスクトップにショートカットアイコンができたのでクリック。↓
すると、libreoffceのすべてのソフト(ファイルではない)の一覧と、最近使ったファイルの一覧が表示されるフォルダーが出てきた。↓
ということで、大成功ってことです。しかも、今までのバージョンの引き継ぎっていうか、設定が引き継がれていました。↓
念のために、ワードパッドのファイルを開いたけど、ワードパッドで立ち上がりました。なんでこんな確認をするかといいうと、ワードパッドまで、libreoffceのワープロソフト、すなわち、Writerで立ち上がるという機能になっていることがあるので(結果的にわかったことだが、libreoffceの場合はその心配は不要。)、どうかなって思ったから。でも、大丈夫だった。WriterのファイルはWriterで、ワードパッドのファイルはワードパッドのファイルで立ち上がることが確認できた。

商品を買うときはこの点に注意。商品別に書きました。(物だけでなくサービスも)。

 買ったあとで、例えば、「あっ、遺伝子組換えの食べ物を買ってしまった」と後悔することがあると思います。
また、例えば、「貼らないタイプのカイロを買ってしまった」とか、「切り替え装置がない自転車を買ってしまった」とか、「光が上に漏れるマウスを買ってしまった」とかなど。
そのようなことのないように、下記に商品別に書きました。少なくともおいらの場合の注意点ですが、他の方も、すごく参考になると思います。

商品やサービス。注意点
 共通して言えるもの:
 重要 重要 重要 
アマゾンや楽天などのレビューを確認。製造年月日に注意。遺伝子組換えでない。国内産か外国産か中国産とかの産地をチェック。・・・原産と書いてあっても、その食べ物が作られて国ではなく、単にその品種が開発された国という場合がある。重さ大きさを確認。色を選択できるなら、も確認。音がするものは音の大きさに注意。アマゾンとかで買う場合、到着が遅いと困るので、おおまかでいいから自宅に到着する日を確認。
カイロ:
 貼るカイロ レギュラー

きな粉:
国産 遺伝子組換えでない 似た製品に大豆粉というものがあるが、それは煎ってないので「きな粉」のほうがいいと思う。
自転車:
リアサス カゴ付き 広いサドル タイヤの大きさ確認 5段切り替えなどの切り替え機能があるか? カギやライトは100均のを使えばいいので不要。
チェーン式自転車カギ100均で買えば良い。番号が書いてあるので、好きな番号のものを買う。だらりとたれやすいものでなく、針金みたいに折れ曲がるのが理想的。
マウス:
上に光が出ないもの。出ると、眩しくて気になるから。

お茶:
玄米茶入りを間違って買わないこと。

メガネ:
非球面 プラスチック(ガラスでない) 強化コーティング 標準のはずだが、UVカット

コートやジャンパーなど:
フード付き。軽い。できれば、雨が染み込まないのが良い。

塩:
精製塩でないこと。すなわち、イオン交換で作ったもの(精製塩)でなく、岩塩や塩田で作った塩であること。(パッケージには、いかにも精製塩でないように書いてあるが実は精製塩という製品があるので注意。例えば、確かに、「瀬戸内の自然の塩から取った塩」とは書いてあるが、取ったあとでそれをイオン交換膜で塩を作った場合など。)

砂糖:
黒砂糖(上記の塩と同様。すなわち、パッケージにいかにも精製糖でないように書いてあるが実は精製等という製品があるので注意。)

お菓子やパン屋ドリンクなど:
成分がアスパルテームなどの人工甘味料でない。

醤油:
丸大豆であること。減塩でなくてもいい(減塩は意外に塩が多い。しかも、結局は多く使うことが多いので、塩分摂取量は変わらないと思う)
味噌:
だし入り(だしがついていると塩分が少なくても気にならないから)。すぐ上に書いた醤油の項目を参照(その再掲コピー→ 丸大豆であること。減塩でなくてもいい(減塩は意外に塩が多いとか、結局は多く使うことが多いので、塩分摂取量は変わらないと思う)。

LED電球:
電球色でなく、昼光色または昼白色であること。トイレやろうかなどは40w型で十分。文字を読むことがある部屋や食事をする場所や書斎用なら60W型が適切。必要なら、100w型でもよい。

人感センサー付きLED電球:
 明暗センサー付き、なおかつ、当然、人感センサー付き。
 電球の機能については、すぐ上に書いた「LED電球」の項目を必ず見ること(その再掲コピー→ 「電球色でなく、昼光色または昼白色であること。トイレや廊下などは40w型で十分。文字を読むことがある部屋や食事をする場所や書斎用なら60W型が適切。必要なら、100w型でもよい。」)。
電子レンジ:
50ヘルツ用であること(当然、関東などの50ヘルツ地域の場合です)。
 なるべく、500wだけでなく、700wなどの出力が出るものが良い。
オーブン付きか否か(オーブン付きは便利だが高いという一長一短があるので承知のうえで選ぶ)。
 ターンテーブル式かフラットテーブル式か?(ターンテーブル式は、安い・壊れにくい・回転するので置ける部分が狭い /// フラットテーブル式は、その逆。)

IH電磁調理器:
タイマー付き。音声ガイド付き。

調理などで使うプラスチック容器:
なるべく電子レンジ対応。

レースのカーテン:
サイズ。昼間に外から見えないこと。
パソコン:
日本製でしかも、中国や台湾などのメーカーと提携していないこと。ドット欠けがないこと(中古なら店頭でドット欠けが確かめれる。メルカリやネットオークションでは出品者に問い合わせれる)。

スマホ:
同上。
及び、
なりたけ、自分でバッテリー交換ができる機種。

プリンター:
 複合プリンターが良い。本などが簡単にコピーできる。
 非純正インクカートリッジが安いこと。しかも、その非純正インクカートリッジがちゃんと使えるというレビューを確認。

マヨネーズ:
必ず卵黄型。なぜなら、おいら的に薄毛防止になるから。

オリーブ油:
エクストラバージンオイル。いつも買っている緑色のパッケージの味の素のが良い。

ごま:
なるべく黒ごま。

米:
なるべく玄米。または発芽米。減農薬。玄米は白米と違って、表面がそのままなので、農薬がついている傾向が高いから(かと言って無農薬だと、栽培が困難なので高いとか虫が湧きやすいとかの欠点がある。)
できれば、真空パック。
できれば、JAS認定?とかのもの

時計:
コチコチと音がしない(=スイープ秒針=連続秒針)。大安とか先勝とかの六曜の表示がないほうがおいら的には望ましい。なるべくアナログ表示。スヌーズ付き。

鍋やフライパン:
ガラスの蓋付き。

ガムテープ:
布製。
電気毛布:
なるべく50wより高いのが良い。

靴下:
薄いのが良い。できれば、防臭・防湿

USBケーブル:
なるべくバージョン2.0以上。長さを確認。延長用なのか、機器接続用なのかに注意。 

カメラ:
動画再生で静止画にして拡大ができるもの。バッテリーが安い。内蔵メモリーの容量が高い(スマホなら内蔵メモリーの容量が高いが)

スリッパ:
爪を椅子の脚にぶつけてしまうのを避けるために、サンダルのようなものでなく、靴のように爪が見えないものが良い。

サンダル:
砂が入らないように、横っ腹の下部に穴がないもの。

トイレットペーパー:
二重(ダブル)のもの。長さをチェックすること。ダブルで45mのが売っているが、おいらの見解では、容積を小さくするために圧迫されている。それが理由で、ふわふわさが少ないとか、水に詰まりやすいとかいう、欠点があるんじゃないかと思う。あくまでおいらがそう思うだけです。
シャーペン:0.5のもの。HBとか3Bとか2Fとかの硬さも確認。

シャツ:
胸ポケットが左右にある。

ズボン:
尻ポケットにボタンがあるもの。ポケットが前後左右に有ること。

歯ブラシ:
素材をチェック。普通または柔らかめ。ダイソーの5つ入りのが意外に良い。

マスク:
サイズに注意、例えば、大人用とかが良い。なるべく、ウイルス99%除去とかのもの。

付箋:
安物の中には粘着がないものがあるので注意。通常サイズであることを確認。

SDカード:
サイズがマイクロかミニか通常かをチェック。容量を確認。メーカーがTranscendか東芝かアマゾンブランドが安心。Wi-Fi機能が付いているかを確認(付いていたほうがいいという場合と、付いていては困るという場合があるから。)。当然容量も確認。バルクかどうかも確認するのだが、バルクでも悪くはない。通信速度の値も確認(具体的には他の製品と比較すればなんとなくわかるはず)。

キーボード:
有線。メンブレン型が音が小さい。サイズ。Deleteや数字のキーの配置がいつも使っている配置であること。プリントスクリーンのキーが有ること。
本:
アマゾンにアクセスして、中古があるならそちらを買う。
何年に新発売になったかを調べ、時代遅れで役に立たないか否かをチェック。

DVD-RAMなどのディスク:
データ用であること。信頼できるメーカーであること。

礼服:
シングルを買う。ダブルは流行っていないし重い(流行していないので安いが)。

カット。散髪:
バリカンを使っても大丈夫と言う。耳の上あたりはスポーツ刈りと違って角ばらない。前もって撮影した、過去の良かった髪型の自分の写真を持って行く。カットし終わって帰る時、その写真を置き忘れないこと。
ショッピングカート(袋付き)おいらの場合だが、
 高さは87.5cm(今おいらが持っているやつ)以上が望ましい。なぜなら、極論だが、低すぎると、腰をかがめないと引っ張れないから。
 重さは1.6kg以下が望ましい。
 タイヤは大きいほうがスムーズに動かせる。
DVDソフト中古でよい。(下記はDVDソフトメーカーによって呼び方が異なることがあるので、ご承知ください)
 日本製(なぜかと言うと、例えばアメリカ製だと日本語字幕や日本語音声がない可能性が高いから)
 音声が日本語と英語。字幕も日本語と英語。
 コンプリートボックスはかなり大きい。コンパクトボックスはかなり小さい。レンタル品の中古は入れ物を100均で買うつもりなので、かなり安いなら買ってもいいと思う。
 例えば、vol3とかはディスク1枚なので注意。シリーズ5とかはそのシリーズ全部なので例えば6枚全部ということ。(最初にも書いたが、もちろん、ソフトのメーカーによって呼び方が異なる。)

注意:日本語はリージョンコード2なのだが、たとえリージョンコード2と書かれていても、日本語字幕や音声にならない場合がある。→ 原因はたぶん → 「リージョン2には更に枝分かれしたサブコードが有り、D1~D4が存在する。D1はイギリスのみで販売されているDVD」ということ。なので、リージョン2と言うだけでは、必ずしも日本語音声や日本語字幕とは限らない。
 何をいいたいのかと言うと、日本語音声や日本語字幕のDVDであることを、疑いを持ちながら、十分確認して買うことが重要、ってこと。
簡単な判別方法として、おいらの場合は、パッケージが英語だけで書かれていて日本語の文字が一切出ていないものは疑わしい、というみなすことです。

リージョン コード 地域の説明のリンク:
  ウィキペディアの「リージョンコード」のページ 
  アマゾンのページでリージョンコードについて説明されている
 ストーブ 電気ストーブ:倒れたら消えるもの。電気のタイマーと組み合わせる。
ガスストーブ:倒れたら消えるもの。おはようタイマー(時間が経つと点火)とおやすみタイマー(時間がたつと消える)の両方が付いているもの。

例えば、 
「「「
RC-24FSH(W) スノーホワイト 13A(都市ガス用)。メーカー:東邦ガス
参考としてのアマゾンのある時点での価格:¥16,800 通常配送無料
・タイプ:ガスファンヒーター
・燃料:都市ガス
・木造:7 畳 ・コンクリート:9 畳
・幅x高さx奥行き:400x379x130 mm
・重量:6.1 kg

これは、マニュアルページというかマニュアルファイルを見ると:
 おはようタイマーについては、「ご希望の設定時間(何時間後)が経過すると運転を開始し、1時間後に自動的に停止する 機能です。」と書いてあり、例として、8時間後に運転開始し、運転開始したらその1時間後に自動的に停止する。
 おやすみタイマーについては、「おやすみスイッチを押してから、ご希望の時間(60 分・45 分・30 分・15 分)が経過すると、 自動的に運転を停止する機能です」と書いてある。
 また、この機種は、「お休みとおはようタイマーを組み合わせて使う」ことができる。」。すなわち、その設定について簡単に言うと、「おやすみタイマー」の運転中に「おはようタイマー」運転をセットでき、「おはようタイマー」待機中に「おやすみタイマー」運転をセットできる。
」」」
おいら、これを買おうと思っているというか、今、ネットで調べたら、これが良いかな、と思った。
amazonのレビューでも高評価だし。
当然、今後これより、機能や値段などで良いものがあれば、それを買うけどね。
他の商品もちょっと見たけど、おはようタイマー(運転開始後の1時間後に自動停止)だけの機種もあるし、タイマー自体がないものとかもあった。やっぱ、タイマー付きが良いし安心だし。


カテゴリ : 便利記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

Gmailは端末(PCなど)の環境が変わると正しいパスワードでもログインできない。その解決法を書きます。

ヒント:
 原因は二段階認証を必要とする事態になっているからです。
基礎知識:
 二段階認証とは、不正アクセスの疑いがあるログインの試みがある場合、パスワード(一段階目)だけではまだログインを許可しません。更に、もう一つの方式(二段階目)で確認が取れて初めてログインできる方法です。主に、電話やSMSで2段階目の確認(認証)を行います。

このブログ記事での注意:
 前もって書いておきますが、すこし月日が経つと方式が変わったりするのでそれを承知で読んでほしいです。Gmailはセキュリティを強化するために、どんどん改善・変更をしています。以下はそういうことを念頭に入れて、読んで下さい。
 ところで、Gmailは近年(2014年頃からだと思う)は2段階認証という方式に切り替えている。その方式では、たとえ、パスワードが正しくても、パソコン環境が変わると、とりあえず不正アクセスとみなし、ログインできない。その場合、以下の対処方法がある。なお、いろいろなパターンがあるのでそれぞれについて書きます。当ページではよくあるパターンを4つ書いたが、このパターン(解決法)でうまく行かなくても、他にもまだまだ解決法があります。まあ、それなりに面倒な作業が伴うのですが、gmailを扱っているGoogle社としても、「ログインできないよー、どうしてくれるんだー。」なんていう問い合わせが殺到しても、困るので、よっぽどのことがない限り、結局は自力でなんとかなります。
では始めます。


本題です:
 わかりやすくするために、Q&A方式で書きます。
質問:
 Gmailはパソコン環境が変わると正しいパスワードでもログインできないと聞きました。その場合の解決法を教えて下さい。
回答:
 そのGmailアドレスを作る時(アカウントを作る時)には、電話番号や別のメールアドレス(Gmailとは限らず、YahooメールやドコモとかAUとかのキャリアメールなど)を登録しますよね(任意だが)。少し、昔は、秘密の質問の答を登録する時代もあったんです。その様な事情がありますので下記のようないくつかのパターンが発生します。下記のとおり、パターンに分けてひとつづつ回答します。
 
◇パターン1・・・・・普段スマホでGmailにログインしている人の場合です。その場合はパソコンでGmailにログインすると → ログインできない → その代わりに、一時的に使える6桁の認証番号をスマホに電話かSMSで送信してくれる → その認証番号をパソコンに入力する(このようにログインできない場合は自動的に入力欄が表示されるのでそこに入力する) → するとログインできる → 以後は、不正アクセスの疑いが晴れたので普通にパスワードでログインできる。これのおいらの場合の具体例が当ページ内の下の方にある「※J」です。
 
 ┗◇パターン2・・・・・・で、この場合、電話もSMSも受信できないケースが発生するんです。なぜなのかわからないが、もしかすると、このGmailアドレスの登録時に電話番号も別のメールアドレスも登録していなかったからかもしれない。あるいは、別のメールアドレスが使えない状態になっていたのかもしれない。とにかく、おいらは、このケースに該当する問題が発生しました。その場合の対処方法は、当ページ内の下の方にある「※K」(「10桁のセキュリティーコードを使ってログインを可能にする方法(仮名)」) のところで解説します。
 
◇パターン3・・・・・・「パターン1」や「パターン2」にやや似ているケースだが、SMSや電話の代わりに別のメールアドレス(Gmailとは限らず、YahooメールやドコモとかAUとかのCareerのメールなど)に認証番号を知らせるパターン。これは、Gmailの登場の初期は電話番号や別のメールアドレスの登録は任意だった。そういう場合に、メールアドレスだけを登録した場合のパターンだと思われる。
これは、普段スマホを使っていないで、しかも、パソコン環境が変わった場合は、登録した別のメールアドレスに、上記と同様の認証番号を送信する。そして、その認証番号をパソコンのGmailに打ち込ませてログインを可能にする。
 
◇パターン4・・・・・・Gmailのアカウントを作る際にスマホの電話番号も、別のメールアドレスも登録していなかった場合である。その場合は、秘密の質問の答えを入力することでログインできる(現在はアカウント作成時でも、その後でも、もはやこの秘密の質問の回答の登録自体がない。でも、昔は登録できた時代があり、今も、そのままの人がいる。そういう人の場合で、しかも、この方法しか2段階的な方法がない場合だけ使えるのだと思う。余談だが、秘密の質問の答は、一般に、簡単に不正アクセスできることがわかってきたので廃止されたのだと思う。)。ところで、Gmailのアカウントは、昔(おおむね2005年頃だと思う)は、別のメールアドレスも電話番号も不要で作れた(おいら、2018-03-16頃、もうひとつgmailアドレスを作った。その時でも、メールアドレスも電話番号も不要だった。まあ、イザという時、不安だし、携帯でも使いたいので、あとで電話番号を追加したが。)
  
note: 上記の1から4で、2段階認証でログインできたなら、以後は疑いが晴れたので普通にパスワードでログインできる。




 
※J・・・普段スマホでGmailにログインしているが、パソコンでGmailにログインするとログインできない場合で、しかも、その場合に、一時的に使える6桁の認証番号をスマホに電話かSMSで送信してくれるパターンのおいらの事例。すなわち、
事例・・・gmailでスマホでは頻繁に使っているけれど、パソコンではしばらく(たぶん3年ぐらい)使っていいなかったことがあった。そういう状況で、パソコンでgmailを開こうとした。当然、同じGmailアドレス(アカウント)(仮にhijkmln678@gmail.comとします)で開こうとした。そしたら
ログインできません、という旨のメッセージが出た。(この場合は、3年ぐらい使わなかった場合ですね。でも、新たなPCとか新たな環境とかでログインを試みるならなおさら発生する可能性が高いと思う)。
そのメッセージの場所は入力したGmailアドレス(hijkmln678@gmail.com)の場所のすぐ下に表示されていたのだが、更にその下にパスワードの変更とかいうボタンが書いてあった。なので、そのパスワードの変更ボタンを押した。
そしたら、末尾が12(例です)のあなたの携帯電話(スマホ)に6桁(5桁かな)の認証番号(認証番号という名称でなかったかも。でも、そんな感じの番号です)を送信します。その6桁(5桁かも)の番号を入力してください(当然今使っているこのパソコンで表示されているGmailのログイン画面の該当部分に入力するのです)。
なので、おいらはその末尾が12(例です)のおいらの携帯電話番号をパソコンに入力した(当然今使っているこのパソコンで表示されているGmailのログイン画面の電話番号入力欄に入力する)。
すると、15秒ぐらいでおいらのスマホのSMS(電話番号がメールアドレスになっているショートメールメッセージ)にその認証番号が届いた。SMSを使っていない人は、電話で自動音声で認証番号が聞けるはず。
(((((
(おいらの経験則で言うと、SMSを使っていない場合は、携帯に電話がかかるはず。すると、機械音声で認証番号を発音してくれるはず。)。なお、この認証番号はだいたい30分を経過すると、無効になったしまう。また、こういう作業は誰もが慣れていないので失敗することがあるだろう。でも、失敗したら、もう一度同じことをすれば良いのです。当然、認証番号は前回とは異なったものです。
ところで、何でこんな面倒なことをするのかというと、あなたのGmailのアカウントとあなたの電話番号を知っている人は何人かはいるはずですよね。その人達からの不正アクセスを防止するためだと思います。その人達以外でも、その気になればなんとかあなたのGmailアドレスと電話番号を知ることは出来ないことはないはずですし。
それと、なんで、いきなりパスワードを変更しなくちゃいけないんだと思う人がいるかもしれません。その理由は、まあ、最近は、パスワードは1ヶ月に1回は変更することを推奨するサイトがほとんどだからです。あくまで推奨なんだけどね。そのくらいパスワードの変更は頻繁に行う風潮なので、別端末のしばらくぶりのログイン(今回のおいらの場合で言うと、しばらくGmailのログインをしていなかったパソコンでのログインですね)でもパスワードを変更させるのです。しばらくぶりのパソコンでなく、初めてこのアカウントでログインするパソコンも同じことです(例えば、パソコンで、RというアカウントのGmailを普段使っていたのだが、普段スマホで使っているSというアカウントでもこのパソコンでログインする場合<しかも、そのSというアカウントは今までパソコンでログインしたことがなかった場合>などです)。  
)))))
その認証番号をこのパソコンで表示されているGmailのログイン画面内の認証番号入力欄に入力してボタンを押す。
そうしたら、ログインできた。
これでGmailにログインできたので解決した。




 
※K・・・(「10桁のセキュリティーコードを使ってログインを可能にする方法(仮名)」)
おいらは2016年から、新しい家に住むようになった。なので、Gmail(説明のために仮にabcdefg821@gmail.comとします)は当分スマホだけで使用し、家に置いてあるパソコン(新たに買ったパソコン)ではGmailは使わなかった(実際は他のGmailアドレスは使っていたが、今説明しているGmailアドレスは使わなかった)。
で、2018-03-06に家のパソコンでもログインしようとしたら、ログインできなかった。その日はあきらめた。
あきらめきれなかったので、翌日の2018-03-07に今度は本気になって再びログインを試みた。ちょっとややこしい作業だったが、うまく行き、パソコンで初めてログインできた。
下記にこの経験をそのまま記述するという形で、その手順を書きます。
 
では、始めます。
Gmailのログイン画面を出す(ちなみにおいらはクロームを使った)。
Gmailアドレス入力欄にGmailアドレスを入力
次へ、ボタン
パスワード入力欄が出るのでパスワードを入力
するとこんなメッセージが出る。
この端末は認識されていません・・・(中略)・・・
・・・・
スマートフォンをお持ちの場合
本人確認のため、googleからお使いのスマートフォンに通知を送信します。
その他の設定      はい
こういうメッセージが出る。で最後の部分の「はい」をクリック。↓
すると、画面の上部は同じだが下部は異なった内容になる。すなわち、
この端末は認識されていません・・・(中略)・・・
・・・・・
スマートフォンでご確認ください。
googleからお使いのスマートフォンに通知を送信しました。お送りした通知で「はい」をタップしたあと、スマートフォンで「18」をタップし、手続きを続行してください。
で、スマートフォンを調べてみた。でも、何の反応もなかった。スマホでGmailを起動しても、新たな受信メールは何もなかった。
で、パソコンの方をみたら、一番下の部分に、メッセージが加わった。メッセージの文面は忘れたが、内容としては、「スマートフォンに通知できませんでした」とかいう旨の内容だった。
そして、画面は自動で次のような内容になった(もしかすると自動でなく、「次へ」みたいなボタンを押したからかも)。
文面は覚えていないが、内容としては、
「もう一度試してみろ」という意味で、今度は、18の代わりに87が表示された。
それも試したが同じくダメだった。
で、今度は、「その他の設定」という方法を試すことになる。なので、「その他の設定」というリンクを押す(この「その他の設定」というリンクは一番下にある。18とか87とかが表示される部分のやや左下ともいえる)。
すると、このようなが表示が出る:
Google
本人であることの確認
この端末は認識されていません。セキュリティ保護のため、Googleでは本人であることを確認する必要があります。ヘルプ(←リンクです)
●abcdefg821@gmail.com▽(←説明のために適当なアドレスを書きました)
別の方法でログインする
■ スマートフォンまたはタブレットで「はい」をタップしてください。
▼ スマートフォンやタブレットを使用してセキュリティコードを取得(スマートフォンやタブレットがオフラインの場合も含む)
● スマートフォンを使用できない場合
で、おいらは▼をクリックした。(「▼」は厳密にいうと黒い扇に斜線が入ったマークです)
すると、このようなが表示が出る:
Google
本人であることの確認
この端末は認識されていません。セキュリティ保護のため、Googleでは本人であることを確認する必要があります。ヘルプ(←リンクです)
●abcdefg821@gmail.com▽(←説明のために適当なアドレスを書きました)
1.Sony Ericsson Xperia GX を手元に用意します
2.Google設定アプリを起動します。
3.(セキュリティ)をタップします。
4.(セキュリティ コード)をタップします。
5.コードを取得するアカウントを選択します。
コードを入力(←コード入力欄という意味です)
その他の設定(←リンクです)   次へ(←リンクです)
なので、この1,2,3,4,5を行う(やってみると簡単な作業です)。
「1」について: おいらはソニーのスマホを持っているので、こう書いてある。
「2」について: このスマホでアプリ一覧で「Google設定」というアプリを探す。このアプリは歯車のマークの真ん中にGという文字がかかれているアイコンである。
「3」について: このアプリを起動すると「セキュリティ」という文字がでているので、それをタップする。
「4」について: 「セキュリティ コード」をタップ。
「5」について: この「5」はおいらはよく覚えていないのだが、たぶん、取得するアカウントが、複数ある場合だけ、選択するのだと思う。おいらは、選択する必要がなかったと記憶している。でも、選択もなにもないだろうと思ってしまう。ふつうアカウントは一つづつ設定すると思うのだが。とにかく、「5」については、おいらは何もする必要がなかったと記憶している。
で、上記の1から5を実行すると、2つのセキュリティコードが表示された。
例えばこんな感じ:
セキュリティコード
コード1
7490 438 387
コード2
3196 288 296
そして、使い方が次のように書いてある。
パスワードを忘れた場合や、新しい端末または場所でログインしている場合、お使いのGoogleアカウントを保護するために、このコードの一つまたは両方の入力を求められることがあります。
このコードは15分後、または使用すると効力を失います。このコードはURLが「https://・・・・・・accounts.google.com」で始まるウェブページのみで使用してください。
で、このURLだということを確認した上でコードを入力したのだが、
おいらの場合は結果的には、コード1だけを入力するものだった(たぶん環境によってはコード2も使うのだろう)。
で、今度はパソコンにコード1を入力する。パソコンは、先ほどの画面のままになっているはずだから、パソコンを見る。すると、「コードを入力」と書いてある部分があるので、そこにおいらの場合、コード1を入力した(10個の数字です)。
コードを入力した部分の右下に「次へ」と書いてあるので、それをクリック。
これでログインができる。なお、おいらの場合、「ログインが出来ました」とは書いてなかった。その代わりに、「あなたは、電話番号も、再設定用のメールアドレスも設定していない。それらを設定することを推奨します」という旨の内容がかかれていた。余談だが、おいらが、このメールアドレスを作ったときに(たぶん10年ぐらい前の時点)、電話番号も、再設定用のメールアドレスも設定していなかったし、それ以後もずっとそのままだった。だからこのようなアドバイスの表示になったのだと思う。

追記(2018-10-13):
説明が長くなるので、まず要約を書くと、「昔、秘密の質問と回答の設定をし、なおかつ、2段階認証のための電話番号などの登録がない場合は、秘密の質問が来る」ということです。
 では、詳しく書きます。前述したとおり、数年前までは秘密の質問と回答という方式があったが、セキュリティ的に問題があるので、廃止になった。でも、その数年前以前に秘密の質問と回答を設定し、なおかつ、スマホなどの電話番号や他のメールアドレスを登録しなかった場合は、現在では、その秘密の質問と回答が事実上の2段階認証となります。
 この説明では意味不明な方がいると思いますので、私の事例を書きましょう: 私は、数年前にGmailアドレス(以後「gmailアドレスA」と書きます)を作りました。このgmailアドレスAはわたくし的には重要でないメールアドレスで、あってもなくてもいいという程度のメールアドレスです。で、そのgmailアドレスAを作った際は、秘密の質問と回答を登録しました。また、その時代は2段階認証そのものがなかった時代だったので、2段階認証のための電話番号や他のメールアドレスの設定は当然しませんでした。で、この前(秘密の質問と回答が廃止になり、なおかつ、2段階認証が採用されている現在のような時代)、そのgmailアドレスAにログインしようとして、ID(メールアドレス)とパスワードを入力しました。ところが、それだけではログインできませんでした。そのかわりに、秘密の質問が表示されました。なので、私はその秘密の質問の回答を入力しました。そしたらgmailアドレスAにログインできました。当然、電話番号や他のメールアドレスの登録はしてなかったので、2段階認証(すなわち、電話やSMSや他のメールアドレスで一時的な認証パスワードが送られてくること)の要求はありませんでした。











全ページの一覧
↓↓↓
前半(最近) 後半


目次
↓↓↓

◆◆◆

人気ページ一覧

年齢・干支の早見表 2018年用(表型)

年齢・干支の早見表 2017年用(表型)
学年と年齢の早見表
学年と年齢の早見表(印刷向き)
学年と年齢の早見表の覚え方

スマホ・携帯用
┣●年齢干支
┃┣2018年用(今年用)
┃┗2017年用(去年用)
┗●年齢・学年





日本が海外にお金をばらまき、国内で増税している理由 (新タブで開く)
タイムロック箱でダイエットもゲームやネット中毒も解決
Gmailの良い点悪い点
Gmail経由で迷惑メール対策1
Gmail経由で迷惑メール対策2
Gmailのエイリアスの裏ワザ
文章をコピーするだけで朗読してくれるソフト
電源がある店が探せる
軽くて便利なスマホ用充電器
暗算で頭の回転力アップ
googleクロームのブックマークの裏ワザ
googleクロームではワンクリックでブックマークや履歴が見れる (新タブで開く
メモができるクロームのブックマーク (新タブで開く)
にんにくの匂い(におい)を消す方法
にんにくの(匂い)においを確かめる方法 (新タブで開く)
かんすい無しのラーメン(簡単に作れる)(新タブで開く)
スライサーやおろし器具で指に怪我をしない方法 (新タブで開く)
指定時間にならないと開かない箱や冷蔵庫(ダイエットやネット中毒用) 
ふりがな辞典

お天気ポータル (新タブで開く)




当ブログサイトについて

SI系タイムスタンプ及び行政書士系タイムスタンプ済み (当ブログサイトに記載された日時とは無関係です)




ブログ内検索
ひらがなとカタカナを区別して検索されます
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

asdfgwww

Author:asdfgwww
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード

Appendix






◆ ◆
フレッツ光(光ファイバー)
子猫(子ネコ)






┃┃
┃ ┃