WILLCOM03内のファイルをPCに移動させる方法(メール添付を利用)


┃スポンサードリンク

willcom03の携帯メール(W-ZERO3メール)の送信フォルダーや受信フォルダーがうんと貯まった場合、それをいっぺんにまとめて添付してメールでパソコンに送る方法:
WILLCOM03を起動
W-ZERO3メールの中のフォルダーからメール群を移動(コピー)させるために
W-ZERO3メール(左下)を押す
受信ボックス(例)
受信フォルダー
メニュー
その他
選択エクスポート
SHIFT+▽
移動させたいメールファイルを黒くする
チェックを押す
とりあえずチェックされたものをざっと確認
実行
するとエクスポートの出力先を選ぶ画面になるので
参照
上へ
microSDカード
メニュー

┃スポンサードリンク

フォルダー作成
フォルダー名を適当につける
OK
そのフォルダーをクリック
OK(右上)
すると出力先の確認が出る(そのパスの右端が見えないなら「右向きの三角のキー」を押す。
それで良ければ
OK
全部閉じる
今度はメール(W-ZERO3メール)を起動させて添付して自分のパソコンのメールを送る作業をしよう:
W-ZERO3メール
新規作成
自分のPCのメールアドレスを宛先にする
適当な件名を書き
添付を押すのだが、本文を最初に書いてからの方が良い(なぜなら、添付の作業を先にすると本文を書く事ができなくなる。というか、出来ないわけではないのだが、そのためにはいったんこのメールを保存とかしなければならなくて、慣れていないと、かなり面倒になったり、混乱したりするから)
添付を押す
するとフォルダーを選ぶ画面になるので「上へ」などを押して、先ほどのフォルダーを出す
そして、エクスポートしたいものだけ選択(もし、まとめて選択したいなら「shift + 右向き三角」を押す。
OK(64個が上限なので、それを超えていたら、その範囲内である程度まとめて選択し、とうぜん残りは後で同様にして送る)(この場合、ファイルが多いと次の画面になるのに10秒ぐらいかかるので待つ。
送信を押す
送信される
自宅のパソコンで送信された先のメールを見て添付したファイルすべてが送信されたことが確認できたら、
WILLCOM03内のそれらのファイルを削除する(なぜ削除するかというと、これが目的だから。つまり、WILLCOM03内を軽くするためにファイルをパソコンに移動することが目的)。だから、エクスポート先のファイルや添付したメールとその添付ファイルを削除する。
これで完了。

ところで、作業中に一つ前に戻りたいならBSを押せば良い。
ii
┃スポンサードリンク

画像付きパソコン操作手順の説明ページの作り方


┃スポンサードリンク

画像付きパソコン操作手順の説明ページの作り方(このブログ記事の表題) と言っても、なんの意味かわからないかもしれないので、このブログ記事の表題の意味を説明します。
インストールとかの操作手順の状況を説明するホームページを作りたいとしよう。操作手順の説明ページは画像が入っていると理解しやすい。そのため、画像をどのように取り込んで、どのように画像を編集(軽くするとか広さを変えるとか)するのかは初心者は知らない。なので、それを時系列でわかり易くここで説明するというものです。
ここで必要なのは、ホームページビルダーです。
では始めます。


アプリケーションのインストールなどの手順説明のページを作る方法を例に以下に説明します:
とりあえず再起動する。
ホームページビルダーを開く

┃スポンサードリンク

ファイル→標準モードで新規作成
今度はダウンロードするページを開く(ダウンロードは通常はWEBページからダウンロードするからそのページをひらくという意味です)
そして、ダウンロードインストールするためにパソコンを操作するのだが、
操作する度にPrt Scボタン(通常はキーボードの右上辺りにあり、正式名はprint screen。別の簡略語がキーに表示されていることもある)を押すと、それだけで、押した時の瞬間の画像をコピーできる。→パソコンはそういうふうに出来ている。次に、hpビルダーの先ほどの標準モードのところに貼り付ける(画像はかなり重いがこの段階ではそのままでいい)(右クリック→貼付けで良い。または、編集メニュー→貼付け)→名前を付けて保存(2回目以降は上書き保存)(画像の名前を変える部分があるがたとえば2010-03-16imageとかいうふうに日付を加えれば良い。そうすれば、将来作る全く関係ない画像ファイル名とダブらない・・・・あ
次のパソコンの操作をする
「あ」を行う
次のパソコンの操作をする
「あ」を行う



この繰り返しで、インストールが完了し、画像も取り込めてhpビルダーに貼付けができた。
次に、先ほど貼付けた画像がかなり重いので、
hpビルダーで一番上の画像を右クリック
画像を編集
画像の編集
jpg形式で保存 を選ぶ
詳細設定
スライドスイッチみたいなのをスライドさせて重い画像を必要な重さに変更する
OK
画像が軽くなったためにやや鮮明でなくなっていることが確認できる
今度は画像の広さを変えるためにまずその画像をクリック
その画像の右下(右上でも良いかも)にマウスポインターをあわせてマウスポインターが斜めに「←→」マークになるようにする
ドラッグして希望する広さにする
これで、最初の画像の重さと広さの変更が終わる。
以後も同様にして、すべての画像の重さと広さを変更する
これで説明は十分だと思う。
もちろん必要なら、画像の前後あたりに文で解説を書く。

なお、ホームページビルダーの作成済みのフォルダー内に重い画像ファイルがたくさんできてしまう。重いファイルが一杯あるとhpビルダーの作業が遅くなる。なので、そのフォルダーにある先ほど貼りつけた画像をまとめて選択し、右クリックし、切り取りをクリックし、他のhpビルダーと無関係の場所に貼り付けるなり、あるいは削除するなりするとよい。そうすると、hpビルダーが重くならない。

ii
┃スポンサードリンク

オープンオフィス3.2.0のインストールした様子を書きました


┃スポンサードリンク

当ブログ記事は文字情報だけです。画像付きの正式ページはこちらですので、御覧下さい。インストールの最中の画像付きなので大変わかり易いです。





くどいようですが、もう一度申します。
当ブログ記事は文字情報だけです。画像付きの正式ページはこちらですので、ご覧下さい。



オープンオフィス3.2のダウンロードとインストールの作業を画像付きで説明します。



これは、旧バージョンからバージョンアップをするという形のインストールです。でも、私の見た限りでは、バージョンアップでない通常のインストールも殆ど同じだと思います。
このダウンロードインストールはwindows XP professional の場合の事例です。
それから、ここでは 簡略表現として、「オープンオフィス = ooo」と書くところがあります。openoffice.orgの略ですね。oooよりもooのほうがオープンオフィスの略としては適切だと思うけどね。


┃スポンサードリンク

では本題です:

googleにオープンオフィスと入力して検索する



検索結果の上のほうに ja.openoffice.org/ というページがでるので、それをクリック



するとこういうページが出る。左上の「最新版(3.2.0)ダウンロード」をクリック



ダウンロード というアイコンをクリック




windows用(JRE付属)推奨147MB というところをクリック


このようなダイヤログが出る




実行をクリック。すると、このようにダウンロードが始まる。(保存というボタンがあるが、これは、他のパソコンにインストールする場合に押すのだと思う)



ダウンロードが終わると、このような画面になるが、インターネットは切断した方が良い。セキュリティソフトが自動ダウンロードとかすると混乱するし。
そしたら、「実行する」を押す。



次へ を押す。


保存先がこれで良いなら、展開ボタンを押す。おいらはそのまま展開ボタンを押した。




・・・・しばらくお待ちください とか出ているので待つ。



次へ を押す。



おいらはこのパソコンを一人で使っているし、他人がこのパソコンを通常は使用しないので、そのまま 次へ を押した。もし、パソコンを家族とか友人とかと共有していて、特定の人しかこのソフトを使えないようにするには、「USERのみ」の方を選択するのだと思う。




すべて を選択して、次へ



デスクトップ上にスタートリンクを作成した方が(つまり、ショートカットをデスクトップに作った方が)、便利だし、邪魔なら削除すれば良いのだから、そのまま、
インストールを押す 



インストールに10分ぐらいかかった。インストールしているときは以下のような小ウインドウが出て、インストール状況を日本語や図(進行具合を表す温度計を横倒しにしたようなヤツ)がでる。
なお、この日本語で書いてあるとおり、今までパソコンに入れていた旧バージョンを削除していることがわかる。



そして、ついにインストールが完了する。完了ボタンを押す。
完了ボタンを押すと、このダイヤログが消える。2,3分待ったが、何も始まらないので、デスクトップにできたオープンオフィス3.2のアイコンをクリックする。



ここにそのアイコンが見える。左から2番目で上から2番目のアイコン。



クリックしたら、約10秒後にこういうダイアログが出た。おいらは登録しないを選んで、OKボタンを押した。



こういうウインドウが出た。


文書ドキュメント(すなわち、writer)をクリックしたら、ほんの10秒で起動した。なぜこんなに速いかというと、今さっきメニューのウインドウを起動したからです。すなわち、すでに半分起動していたからです。パソコンを再起動した後の 場合はどれほどの速さなのか?についてはすぐ下のほうで詳しく説明を書きました。


●インストールし、パソコンを再起動したあとの状況:
比較のために、まず、3.1.1について書きます:
ooo3.1.1のwriter・・・pc再起動後に起動するのは45秒かかる。
しかし、その後の起動は5.5秒だ。
でも、この計測方法はちょっと悪い方法だった。すなわち、pcの再起動後、すぐにooo3.1.1のwriterの起動テストをしたからだ。表面上はpcが起動完了に見えるが、裏ではまだ起動が完了していないことがある。おいらのすいていでは、起動後の3分ぐらいは裏で動いていると思う。だから、こんどはpcを再起動して5分ぐらいしてooo3.1.1のwriterを起動してみた。
そしたら、pcを再起動して、ooo3.1.1のwriterを起動したら28秒かかった。その後の起動は前回と同じく5.5秒だ。
再び、pcを再起動して、ooo3.1.1のwriterを起動したら同じく28秒かかった。その後の起動も同じく5.5秒だ。

さて、今度は本題の3.2.0の場合です:
ooo3.2のwriterをパソコンを再起動したあと起動したら、37秒かかった。3.1と変わらないというか、むしろ遅いですね。その後の起動はく5.5秒ぐらいなので同じですね。
念のために、もういちどパソコンを再起動したあとooo3.2のwriterを起動したら50秒かかった。確実に遅くなっているようだ。
でも、新機能とかセキュリティを解決しているとかなので、悪くはないと思うけどね。




●常駐 とか msconfig について:
常駐させない設定に使用として、msconfigから見てみたら、すでに常駐が外されていた(この常駐とかmsconfigについては前バージョンのページに書いてある)。この更新という形のインストールでは、設定だけでなく、常駐についても引き継がれているということですね。

ii
┃スポンサードリンク

ウイルスに感染しない方法(アップデートのお知らせの場合)


┃スポンサードリンク

たとえば、adobe readerやオープンオフィスなどのアプリケーションを久しぶりに開くと、アップデートを促す小ウインドウがでたりします。

この場合はマイナーバージョンアップの場合は、アップデートをしてください(マイナーバージョンアップの意味は当ページの下のほうに書いてあります)。
事情があってアップデートは後回しにしたい場合は、
以下のようなサイトでたとえば「adobe reader」とかと入力してボタンを押す → 脆弱性の対策のアップデートで、しかも、自分の環境が該当するならば、危険なので面倒でもアップデートする。
IT media news

google news ←意外と役立つ。特に緊急性のある重大なアップデートの場合は必ず表示されると言える。

または、当該アプリケーションの公式サイト(たとえば adobe reader なら こちら


おまけ:
「ウイルス」でgoogle news検索をした検索結果 (最新順)

ウイルス セキュリティ でgoogle news検索



┃スポンサードリンク

おまけ2(おいらの考え):
バージョンアップには、 メジャーバージョンアップ と マイナーバージョンアップ があります。たとえば:
メジャーバージョンアップ・・・たとえば3.1→4.0
マイナーバージョンアップ・・・たとえば3.1→3.2
で、どちらが緊急性というか、バージョンアップの必要性が高いかというと、
マイナーバージョンアップです。
マイナーバージョンアップは脆弱性の改善が内容となっている場合が多いからです(ウイルスとか悪い意味でのハッカーはこの場合のバージョンアップされていないものを狙う)(極端に言えば、このタイミングしか悪さが出来ないとも言える)(脆弱性の概要はマイナーバージョンアップをリリースするまでは、ソフトメーカーは脆弱性について自ら発表しない。なぜなら、悪いヤツに「ここを狙うといいよ」って教えているようなもんだから)
それから、セキュリティソフトはこのような個別のソフトの脆弱性に対応していないと思われます(現に、私の経験でそういう事例があった)。
ところで、もう一方のメジャーバージョンアップは、人間の体にたとえて言えば、新しい体質のバージョンとも言えるので、ウイルスや悪い意味でのハッカーに対して免疫がありません(マイナーバージョンアップという免疫を加えたものに発展させる必要の可能性がある)。なので、便利さよりセキュリティを重視するなら、マイナーバージョンアップまで待つという考え方もできます。

追記(2010/12/08):
google クロームを使うとフラッシュやpdfへの攻撃に対してすごく安全な方式になりました。(もしかすると、開発者向けのみかも)
詳しくは以下のリンクで。
「Adobe Flash pdf Google Chrome サンドボックス」というキーワードでgoogle検索




ii
┃スポンサードリンク

fc2で画像をページに載せる方法


┃スポンサードリンク

このブログ記事はおいらのメモに過ぎませんが、同じことをしている人なら役に立つかもしれません。

条件とか目的:
ホームページビルダーを持っている(付属のウェブアートデザイナーも使う)
画像を加工してアップロードしたい(加工と言っても、部分切り抜きとか90度回転とかです)。もちろん、やりたければ画像の色補正とかいろいろなことができますが、ここではそれがメインな目的ではないし。

fc2で画像をページに載せる方法(改行は次の作業の意味)(やった後で記憶を頼りにこのマニュアルを書いたのだが、かなり役立つはず):


では早速手順を時系列で説明します。


ページはすでに出来ていて、あとは画像を載せる段階にする。
画像をとりあえず、デスクトップにコピーする。

コピーされた画像を右クリック
アプリケーションから開くとかいうところをクリック(マウスをおくだけかも)
ウェブアートデザイナー
必要な向きにするとか部分抜き取りとかする。
編集だったかファイルだったかのメニュー(もしそのメニューがないなら、hpビルダーに貼りつけて画像を右クリック)
WEBなんとかウイザード(念のために前もって、画像を一度クリックしておくと、加工すべき画像が決定できる)
jpgを選択し、さらに、画像を軽くし、さらに、名前をつけて保存場所(デスクトップ)を選択


↓  (下記の通り修正しました)


┃スポンサードリンク

--------------------------------------
ウェブアートデザイナーを起動
ファイル(上の方にあるメニューでファイルという名前のヤツ)
キャンバスを開く をクリック
ファイルの場所はデスクトップ
先ほど、デスクトップ上につくった画像ファイルを選択
開く ボタン
大きすぎるなら、表示→縮小表示→1/4
必要なら色補正とか部分抜き取りとか回転とかをする(画像をまずクリックし、さらに右クリックして、出てきたメニューに従えば良い)
画像を右クリック
web用保存ウィザード
次へ
jpeg
次へ
ファイルサイズが縮小されるのだが、必要なら、スライドして、縮小サイズを変えれる
次へ
ファイルに保存
完了ボタン
デスクトップを保存場所にする(とりあえず)
名前を適当につける
保存ボタン
--------------------------------------

すると、デスクトップに画像ファイルが現れる。
FC2でページ作成のところをだす
編集するところで画像を載せる部分をクリック
富士山の画像のアイコン
すると、画像をアップロードするための別ウインドウが開く(もし開かないなら、すでに開いているから開かなく見えるだけなので、探すと出てくる)
名前を入力(もしかすると入力は不要かもしれないけど、おいらはいつも任意な名前をつけている) ←入力はしなくてもよい。
アップロードとかいうボタン
すると、スクロールすると下のほうにサーバーにはアップロードできたことを示すサムネイル付きのものが見れる)。<<でも、ファイル容量が大きすぎると「アップロードできませんでした」というメッセージが出て、アップロードできないので、少し戻って先程のウィザードでもっとファイル容量を小さくする。>>

たしか、そのサムネイルの右に3つほどボタンがあり、そのうち「ページにアップロード」とかいうボタンをおす。
すると、fc2のページ編集のところ(先程のところ)のすぐ下のプレビューとかいうところに画像が出る。でも、巨大な大きさの画像がはめ込まれることがあるので、その場合は画像リンクソースのwidthとhightの値の割合を同じにしたまま値を小さくする。たとえば、300、500だったら、30,50とか60,100とかにする。


↓上の方法でも良いが、下の方法のほうが簡単だし、むしろこのほうが良いかも。

サムネイルの右に3つほどボタンがあり、そのうちの、「サムネイルで記事を書く」を押す。必要なら、widthとhightを同じ割合で変更すれば、サムネイルの大きさを変更できる。

これで、うまくページに掲載される。しかも、この作業をするだけで、自動的にページには軽い画像ができ、それをクリックすると、アップロードした大きくて鮮明な画像が別ウインドウで見れるようになる。自動でそうなってしますので、便利ですね。まあ、ブログ作成に慣れた人は「そんなこと、当たり前じゃないか。」と思うかもしれませんね。でも、慣れていないとか、たまにしかしない人は、意外と重労働というかめんどいのです。まあ、慣れればなんでもないんだけどね。
ii
┃スポンサードリンク

監視社会(やや皮肉的)


┃スポンサードリンク

監視社会

以下の3番目の事例が本題です。事例1から読むと興味深いです。

事例1
おいらは家族のお墓に一人で行った。そしたら、知らない人が草むしりをしていて、おいらに挨拶したので、おいらも返事の挨拶をした。相手はおいらを知っているようだったが、「あなたはどなたですか?」と聞きづらいのでそのままにしていた。そしたら、後日その人がおいらの家族に報告していたようで、おいらは家族から「お墓に行ったんだってね」と指摘された。


┃スポンサードリンク

事例2
おいらは新宿で歩いていたら、おいらの名前を呼ぶ人がいた。後ろの方から聞こえた。当然、声しか聞こえなかったので、同名の人の名をたまたま呼んだだけだと思って、ほっておいた。でも、もう一度呼ぶので振り向いたら知り合いだった。そしてその人とちょっと話をした。そして、別れた。後日、家族から、「新宿で歩いていたんだってね」と言われた。

事例3  これが本題です。
おいらは中野を一人で歩いていた。知り合いにあったとという認識はなかった。後日、家族から、「中野を歩いていたんだってね」と言われた。知り合いが家族に報告していたのだった。
感想:
本人に隠れて見ていて、それを第三者に報告している。まあ、悪い行為とは言えないが、自分が同じことをされたら、気分が悪いはずだと思った。
ii
┃スポンサードリンク

全ページの一覧
↓↓↓
前半(最近) 後半


目次
↓↓↓

◆◆◆

人気ページ一覧

年齢・干支の早見表 2017年用(表型)
学年と年齢の早見表
学年と年齢の早見表(印刷向き)
学年と年齢の早見表の覚え方

スマホ・携帯用
┣●年齢干支
┃┗2017年用
┗●年齢・学年





日本が海外にお金をばらまき、国内で増税している理由 (新タブで開く)
タイムロック箱でダイエットもゲームやネット中毒も解決
Gmailの良い点悪い点
Gmail経由で迷惑メール対策1
Gmail経由で迷惑メール対策2
Gmailのエイリアスの裏ワザ
文章をコピーするだけで朗読してくれるソフト
電源がある店が探せる
軽くて便利なスマホ用充電器
暗算で頭の回転力アップ
googleクロームのブックマークの裏ワザ
googleクロームではワンクリックでブックマークや履歴が見れる (新タブで開く
メモができるクロームのブックマーク (新タブで開く)
にんにくの匂い(におい)を消す方法
にんにくの(匂い)においを確かめる方法 (新タブで開く)
かんすい無しのラーメン(簡単に作れる)(新タブで開く)
スライサーやおろし器具で指に怪我をしない方法 (新タブで開く)
指定時間にならないと開かない箱や冷蔵庫(ダイエットやネット中毒用) 
ふりがな辞典

お天気ポータル (新タブで開く)




当ブログサイトについて

SI系タイムスタンプ及び行政書士系タイムスタンプ済み (当ブログサイトに記載された日時とは無関係です)




ブログ内検索
ひらがなとカタカナを区別して検索されます
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
プロフィール

asdfgwww

Author:asdfgwww
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード

Appendix






◆ ◆
フレッツ光(光ファイバー)
子猫(子ネコ)






┃┃
┃ ┃