音量調整がすぐに簡単にできる方法。PCがどんな状態でも、マウスホイールを画面の最下部で回すだけ。

タスクバー上でホイールを回すだけでVolumeの上げ下げができるソフトでおすすめのソフトを紹介します。フリーソフト。ユーチューブのようなブラウザ上の動画や音声でも、iTUNEやメディアプレーヤなどの音声のでるソフトならなんでも。全画面表示でも可。
まず結論から申します。
ボリューム2(Volume2)というソフトと音太郎というソフトが人気なのですが、おいら個人としてはVolume2がおすすめです。下記の通りこの両方の説明やインストール手順を書きます。
目次:
①ボリュームをマウスで簡単に上げ下げするソフトの良い点
②ボリューム2がおすすめの理由(音太郎との比較も)
③ボリューム2のインストール手順(Windows7とWindows10を例に説明)
④ボリューム2の設定画面の使い方
⑤ボリューム2の操作方法
⑥音太郎の説明とインストール手順

┃スポンサードリンク

①ボリュームをマウスで簡単に上げ下げするソフト(Volume2や音太郎など)の良い点
YouTubeなら音の上げ下げは慣れているが、他の慣れていない動画サイトとか他のソフトの場合は、あわててしまう。そんな場合に、このボリュームの上げ下げをするソフトを使うと、下記のような良い点がある:
良い点:
1.ものすごく簡単に音量を変えれる。なので普段からビクビクしている必要がなくなる。例えば、YouTubeを聞いている時に、いきなり音が大きくなったりする動画があっても安心。人が部屋に入って来たりしたときや電話がかかってきたとき、あわてずに音量を下げれる。
2.マウスならいつも手に持てる状態にあるのですぐに操作できる。キーボードだとキーが多すぎるのでイザという時あわてるおそれがあるし、スピーカーのスイッチやボリュームよりもすぐに手が届く。
3.音をいきなりOFFにしてしまう手もあるが、そうすると、「なんで、音を消したの?」という余計な不満をされる恐れがある。このソフトなら、音を消さずに、自分の手加減ですぐに音量を下げたり、自然な形で気づかれないように音量を下げたりもできる。
4.例えば、いままでYouTubeを聞いていて、今度はメディアプレーヤーを聴くことにしたとする。そうすると、音の設定が違うので、音量を操作する必要が出てくる。その点、このソフトが有れば、簡単に音量を変えれる。同じYouTubeであっても、他の動画作品を視聴すると、音量が変わることがほとんどなので、尚更このソフトが有用。
②Volume2がおすすめの理由(音太郎との比較も)
音量調整のソフトはいくつかある。その中でも、タスクバー上でホイールを回すだけで、ボリュームの上げ下げができるフリーソフトは特に便利で、有名なものでは、
音太郎
ボリューム2
の2つがある。
 音太郎について:
おいらは、最初、音太郎をインストールして使ってみた。これはいいことはいいのだが、パソコンの起動中にやがて使えなくなる事が多い。その場合は、音太郎をいったん閉じて音太郎を再起動すればすぐに使えるのだが。ボリュームの形や位置はあまり豊富でないが、形や位置は悪くはない。
 ボリューム2について:
このソフトはパソコンの起動中にやがて使えなくなるということがないので、便利。ただし、英語のウイザードや規約事項があり、英語に慣れていないとやや面倒(ただし、インストール後の設定画面では日本語にするタブがあるのでそれで日本語での設定ができる)。ボリュームの形はいろいろなのがあるので好きなのを選ぶとよい。ボリュームの位置もほぼどこにでも決めることができる。
 おいらは音太郎はもはや使っていない。ボリューム2のみを使っている。そういう理由からも、下記にはボリューム2のインストールと設定や使用法について書く。
ーーー
ボリューム2とはタスクバー上でホイールを回すだけで、ボリュームの上げ下げができるフリーソフト。全画面表示であってもPC画面の下部で同様に操作できる。パソコン上で音声が出るものなら何にでも使える。当然YouTubeでもメディアプレーヤーでも使える。音声関連の他にもたくさんの機能があるが、これで十分だし、おいらはこの機能しか使っていない。
おいらはWindows10とWindows7を持っているのだが、おいらは両方にインストールした。下記はWindows7にボリューム2をインストールした例だが、Windows10も全く同じパターンだったと記憶している。
③Volume2のインストール手順
インストール手順(少なくともおいらの場合):
Windows7にボリューム2をインストール(クロームでインストール):
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se511076.htmlを見てどんなものかを確認↓
ダウンロードのタブを押してダウンロードのページを開く↓
ソフト名: Volume2(インストーラ版)1.1.4.347
ファイル: Setup_Volume2_1_1_4_347.zip / 8,128,079Bytes / 2015.08.10
の方(インストーラ板)をダウンロードする(ポータブル版はhttp://michisugara.jp/archives/2011/installer_and_portable.htmlによると、USBメモリーなどを指してパソコンで使うもののようです。ポータブル版については、これはこれで使い方によってはすこぶる便利だと思う(おいらは使ってないが)。↓
その緑色の「ダウンロードページへ」というボタンを押す。↓
「このソフトを今すぐダウンロード」というボタンを押す。↓
「^」(カタカナの「ヘ」に似た記号)をクリック。↓
開く、をクリック。↓
Volume2_1_1_4_347.exeをクリック。↓
コンピュータに変更を与えるが、許可しますか、という旨の質問。↓
はい↓
Englishを選択。↓
nextボタン↓
すると、英語で、他のアプリケションを閉じろ、とか、これには著作権があるとか書いてある。おいらは、他のアプリケーションは閉じなかったが。↓
nextボタン↓
すると、英語で規約事項が書いてある。やや長い英語だが、これに同意しなくては、インストールできない。それを承知なら、チェックを入れて、nextボタン↓
パソコン内のインストール先の指定なのだが、おいらはいつも自動ででてきた指定先にインストールしているので、そのままnextボタン↓
multiuser-mode(recommended)は一台のコンピュータを複数のユーザーが使うモードでSingleuser-modeは管理者のみが使うモードのようです。なので、おいらはmultiuser-mode(recommended)を選んでnextボタン↓
creat shotcuts on the desktopとcreat shotcuts on the quick launchとcreat shotcuts on the start menuとadd program to start upとshow standard volume icon in notification areaにおいらはチェックを入れた。↓
nextボタン↓
おいらは show OSDとMinimalにチェックを入れてnextボタン↓
今度のはよくわからないけど、後で設定変更できるのでそのままnextボタン↓
インストールした内容が英語で示される。これでインストール作業は完了(実際のInstallは直後のInstallというボタンを押すと行われる。↓
Installというボタンを押す。↓
今度のウイザードのチェックなどはおいらはそのままでfinishボタン。↓
これでInstallは完了しているはず。なお、とりあえず、設定画面が出る。
-----
④設定画面の使い方:
設定画面はタスクトレイの中に直角三角形ノカタチをしたアイコンがあるので、右クリックすると現れる。(なおInstall直後は、上記のInstallの場合は、自動で表示される)
以下の要約や詳細はおいらの設定例なのだが、経験上この設定がおいら的にベストである:
-----
要約:
Languageタブ > 日本語。 最後にApply(適用)を押す。すると日本語の設定画面に切り替わる。下の画像は日本語に変更した後の画像です。 
(画像はクリックすると別タブで拡大されます)
Volume2-no-nihongoka.jpg 
メインのタブ(歯車アイコン) > 音量変化率 で33に変更してApplyボタン(おいらの場合です)。
Volume2-no-Volume-memori-ritsu.jpg 
OSDタブ > OSD表示の遅延時間(show OSD during)をおいらの場合は2.5(あとで2.0にさらに変更したが)に変更して適用(Apply)ボタン(おいらの場合です)。
OSDタブ > 不透明度(transparent)で30(後に36に変更したが)にして適用(Apply)ボタン。(おいらの場合です)。
OSDタブ > スタイル(style) > スキン(skin) > 「NI kontakt 5」に変更して適用(Apply)ボタン(おいらの場合です)。
OSD > 対象ディスプレイ(dispray)> アクティブなディスプレイ(active display)> 座標(Coordinates) は X:91,Y:90に変更して、適用(Apply)ボタン(おいらの場合です)。
Volume2-no-Volume-memori-hyouji.jpg 
上記の設定をすると、下記画像のように表示されます。PC画面を全画面表示にした場合です(全画面表示であっても、タスクバーの位置と同じ位置にマウスポインターを持って行けばホイールで音量調整できる)。右下にボリュームの目盛りが見える。このおいらの場合の設定では右下の端よりもやや離した。なぜなら、端すぎるとタスクバーやスクロールバーが見えにくくなるから。
Volume2-no-hyoujirei.jpg 
詳細:
Languageタブ > 日本語 > Apply で日本語の設定画面に切り替わる。 なお、下記は英語表記で書きます。
メインのタブ(歯車アイコン) > Volume changing speed で33に変更してApplyボタン(おいらの場合です)。33は100/33ごとに目盛りが上下するという意味。なので、マウスホイールで3目盛りごとに上下するという意味。おいらの場合、なぜ3目盛りがいいかというと、2目盛りづつで上下するのは細かすぎるし、4目盛りづつだと細かくなさすぎるという理由です。
OSDタブ > show OSD duringをおいらの場合は2.5に変更してApplyボタン(おいらの場合です)。
OSDタブ > transparentで60にした。(おいらの場合です。)。これは、目盛りの透明度で100%が透明。(後日談だが、30に変更した。画面が適度に透けて見えるし、ボリューム数値も見やすいという理由から)
OSDタブ > style > skin > Blue Volume Barに変更してApplyボタン(おいらの場合です)。Blue Volume Barの代わりに、「NI kontakt 5」もいい感じである(その場合は、透明度はおいらの場合、33にしている。横幅が小さいのでじゃまにならないし。そして、特に良い点はボリュームの数値が見やすいこと。細長い直角三角形のレベルメーターはいい形でいい大きさなのだが、先っちょにメガホンのイラストがくっついているのが逆に見にくくしている。でも全体的に最良だと思う)。
OSD > dispray > Coordinates は X:50,Y:90が既定だが、X:91,Y:90がおいら的にはいいと思う。なぜなら、右端なので、画面表示のじゃまにならないし、91ならスクロールする部分のじゃまにならない範囲で最も端の位置だから。
もし、ホイールの回転の逆の効果にしたいなら → マウス > マウスホイールの反転、にチェックしてApplyボタン。
----
なお、Windows10の場合、パソコンを起動や再起動すると、「コンピュータに変更を与えることに許可しますか」と出るので、はいを押す。Windows7はそういうダイアログは出ない(少なくともおいらの場合)。
⑤ボリューム2の操作方法
操作方法は簡単です。
 パソコンの一番下にあるタスクバーにマウスポインターを持って行って、マウスホイールを回す。すると、ボリュームの上げ下げができる。回す方向を逆に設定することもできる。
 どんなソフトやサイトでも同じ方法です。
 全画面表示などではタスクバーがないけれど、タスクバーがあった部分、すなわち同じ位置にマウスポインターを持って行ってホイールを回せばよい。
┃スポンサードリンク
--------------------
⑥音太郎の説明とインストール手順
まず、音太郎の説明だが、
おいらは、最初、音太郎をインストールして使ってみた。で、気づいたことがある。パソコンの起動中に音太郎がやがて使えなくなる事がある。すなわち、音太郎でVolumeの調整ができなくなる。なので、その対処として、通常の音量調整で我慢するか、音太郎をいったん閉じて音太郎を再起動する。そうすればすぐに再び使える。ボリュームの形や位置はあまり豊富でないが、形や位置は悪くはない。
Windows7プロフェッショナル64bitの場合(Windows10でもインストールしたが、同じようにインストールできた)。
ソフト紹介サイトのベクターの音太郎のページ(下記URL)を出す。 http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/art/se487490.html ↓
ソフト名: 音太郎2.22
ファイル: ototaro222.zip / 666,780Bytes / 2015.12.12
と書いてあるところにある「ダウンロードページへ」をクリック↓
「今すぐダウンロード」をクリック↓
すると、クロームでダイアログが出る設定をした場合は「ダウンロード」のフォルダーを指定して、OKボタン(よく覚えていないがOKとかDownloadとかの名称のボタンだったと思う。)を押す。(ダイアログが出る設定をしていなかったなら、左下にダウンロードファイルへのボタンみたいのができる)↓
「へ」みたいな、上向きの「>」の印をクリック↓
開く、を押す。↓
音太郎、と書いてあるフォルダーが出るのでクリック(PC設定によってはダブルクリック。おいらの場合はシングルクリックです。なので、以下も必要に応じて同様に読んでください。)↓
「SoundVolumeChange・・・・アプリケーション」をクリック↓
すべて展開、を押す。↓
展開先が自動で指定される。展開ボタンを押す。↓
音太郎、のフォルダーが出るのでクリック↓
「SoundVolumeChange・・・・アプリケーション」というのが再び出る。先程のは、圧縮されたファイルであり、今回のは普通のファイル。なので、使えるファイルです。それをクリック↓
すると、ダイアログが出る。実行をクリック↓
すると起動する。これで使える。どう使うかというと、とりあえず、「YouTubeとかで音を出した状態で→タスクバーにマウスを持っていって→マウスホイールを回す。→それだけで音の大きさが変わり、同時にメモリが水へにに出る。↓
でも、アプリケーションの操作画面が出ない。なので、タスクトレイをみてみる(その際、タスクトレイ全体を見るために「へ」のマークが2つ重なったものをクリック)。すると、数字が書いてある四角いアイコンが見つかる。それを右クリック↓
設定画面を開く、をクリック↓
画面上の位置、という欄は「右」を選ぶと便利です。そのままでもいいが。↓
一回の操作での変化音量、の欄はそのままでもいいが、5でもいいと思う。↓
他にも色々な設定があるが、おいらはそれだけ設定を替えただけです。なぜなら、その他の操作、例えば、キーボードで音量を変えるなどの操作、はおいらは、使わないから。っていうか、マウスだけで必要にして十分であり、キーボードでの音量操作なんか、かえって面倒だと思うからです。↓
以上です。

音太郎のボリュームの目盛りの表示例。右端に表示された例。全画面表示。
ototarou-no-hyouji-rei.png 

音太郎の設定例。おいらの場合の設定例です。おいらはキーボードでの操作は音太郎ではやらないので、そのままにしている(実際は、ちょっといじって、もとに戻した。)。なぜキーボードを使わないかというと、ホイールで操作ができれば、おいら的には満足だから。それに、複数のキーを同時に押す必要があるようだし、なんか、文字や記号入力をしても反応がない感じだし、って言うか、おいら、キーの設定は勉強不足なせいかよくわからない、
ototarou-no-settei-rei.jpg 
追記:
●設定画面で、マウスホイールでの音量調整の回転を逆向きにすることもできる。その方法は:
「マウスホイール回転での音量変更はデフォルトと逆向きにする」にチェックを入れる。
●「メインキーを押しただけで音量メーターを表示する」にチェック入れない方がいいとおいら個人としては思っている。なぜなら、①マウスで十分だから。②キーボードを2つ同時に押す必要があるので通常は使わないと思うから。③YouTubeなどでは↑や↓のキーで音量調整ができるので、かえって操作が混乱するから。
(ここまでが⑥音太郎の説明とインストール手順)
┃スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://superportal.blog17.fc2.com/tb.php/197-d86ccf66
全ページの一覧
↓↓↓
前半(最近) 後半


目次
↓↓↓

◆◆◆

人気ページ一覧

年齢・干支の早見表 2017年用(表型)
学年と年齢の早見表
学年と年齢の早見表(印刷向き)
学年と年齢の早見表の覚え方

スマホ・携帯用
┣●年齢干支
┃┗2017年用
┗●年齢・学年





日本が海外にお金をばらまき、国内で増税している理由 (新タブで開く)
タイムロック箱でダイエットもゲームやネット中毒も解決
Gmailの良い点悪い点
Gmail経由で迷惑メール対策1
Gmail経由で迷惑メール対策2
Gmailのエイリアスの裏ワザ
文章をコピーするだけで朗読してくれるソフト
電源がある店が探せる
軽くて便利なスマホ用充電器
暗算で頭の回転力アップ
googleクロームのブックマークの裏ワザ
googleクロームではワンクリックでブックマークや履歴が見れる (新タブで開く
メモができるクロームのブックマーク (新タブで開く)
にんにくの匂い(におい)を消す方法
にんにくの(匂い)においを確かめる方法 (新タブで開く)
かんすい無しのラーメン(簡単に作れる)(新タブで開く)
スライサーやおろし器具で指に怪我をしない方法 (新タブで開く)
指定時間にならないと開かない箱や冷蔵庫(ダイエットやネット中毒用) 
ふりがな辞典

お天気ポータル (新タブで開く)




当ブログサイトについて

SI系タイムスタンプ及び行政書士系タイムスタンプ済み (当ブログサイトに記載された日時とは無関係です)




ブログ内検索
ひらがなとカタカナを区別して検索されます
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
プロフィール

asdfgwww

Author:asdfgwww
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード

Appendix






◆ ◆
フレッツ光(光ファイバー)
子猫(子ネコ)






┃┃
┃ ┃