戦争がなくならない理由:

◆攻撃を恐れて近隣・関係国が武器を買うので、武器輸出国が儲かる。
戦争が起こるその地域の軍事バランスが崩れる。すると戦争当事国の近くの国が「我が国も侵略されたら困る」と思うようになり、武器を買うようになる。なので、武器輸出国(アメリカなどの武器の開発・製造・輸出する国)は戦争が起きるとカネが儲かる。
◆対立国の両国や内線の両勢力が戦争をするように仕向け、武器を買わせる。
紛争がある2つの国や内戦の国の片方の勢力に武器輸出国は古くなった武器を無料で差し上げる。もう片方には、足元を見ながら、影で売る。すると、武器輸出国は儲かる。なので、戦争が起きて欲しい国が存在する。
◆武器の在庫処分を安売りせずに売る。
武器というものは開発競争が激しいので、ほんの数年で、優秀な武器でなくなる。なので、常に開発しなければならない。しかし、開発製造は、ものすごくカネがかかる。せっかく開発製造したのに数年で優秀でなくなる武器は、粗大ごみと同じなのだが、途上国には売れる。在庫処分ができる。なので、戦争が起きて欲しい国が存在する。
◆戦争で必要となる物資の輸出国が儲かる。
朝鮮戦争のときは、日本は朝鮮特需が起きた。ウィキペディアから引用すると、「当初調達された物資は、主に土嚢用麻袋、軍服、軍用毛布、テントなどにおいて使用される繊維製品であり、他に、前線での陣地構築に必要とされる鋼管、針金、鉄条網などの各種鋼材、コンクリート材料(セメント、骨材(砂利・砂))など、そして各種食料品と車両修理であった。」ということである。
◆戦争当事国にお金を貸す見返りに、その担保などの有利なものを得て、儲かる。
戦争が起こると、戦争当事国は、カネが必要になる。カネがない国は領土を担保にするとか不利な密約をした上で、金を借りる。カネを貸すのは多くの場合、武器輸出国である。たぶん、武器を売るときに、ついでに「もし戦争が起きたら、カネを貸すよ」という話をしておくのだと思う。当然、戦争に買っても負けても、金を返すか、領土の一部を分け与えるか、密約(内容は当然武器輸出国に有利なもの)通りのことをしなくてはならない。

ここまでが、戦争が起きる理由である。
よく、戦争が起きると、好景気になると言うが、まず、この武器輸出国が儲かるし、戦争を続けるための物資の需要が高まるからである。金を貸した国も儲かる。戦争当事国は、現代は圧倒的な力で短期決戦なら景気が良くなるかもしれないが、消耗戦なら勝ったとしても逆に不景気になるだけである。
下記は関連する情報・コメントである。

◆武器輸出国は武器にソフトウェアー的に細工。
武器輸出国は武器にソフトウェアー的に細工をしておき、例えば、輸出国がいざという時に遠隔操作させることができるようにしておける。細かい遠隔操作ができないまでも、武器を使えなくしたりできる。これは何を意味するかというと、買った時点で、戦争相手国でないのに武器輸出国に降伏したのと同じになる。あるいは、下僕・家来・植民地になるのと同じとも言える。これには、もっと大きな問題が出てくる。例えば、Aという武器輸出国から武器を買った国は、A国といういわば帝国の一部になったといえる。言い換えると、A帝国の仲間入りとも言える。一方Bという武器輸出国はA帝国に侵略されたら困るので、同様にB国製の武器を開発製造販売をせざるを得なくなる。このように、武器の開発・製造・販売はどうしても起きてしまう。ただし、武器購入国はこれを避けるために、複数の武器輸出国から買う。これは当然、高くつくが、背に腹は代えられない。武器輸出国はなおさら、金が儲かる。
◆戦争のちゃぶ台返し
 侵略されそうな国や戦争中にかなり不利になった国は戦争をちゃぶ台返ししたいものである。実はそれができるのです。それは、高高度核爆発です。簡単にいえば、人工磁気嵐です。すなわち、上空で核爆発させると、その周辺地域の送電網や電子機器などの電気システムが壊れる。そうなると、その電磁パルスの程度にもよるがテレビやラジオやスマートフォンや軍事衛星や気象衛星が壊れる。この機能をもつ核ミサイルは存在しているはずである。普通の核ミサイルよりも簡単に作れるからである。上空で空爆発(カラ爆発)させればいいのだから。この電磁パルスは数日間で影響力はなくなるが、壊れたものは直さないと使えない。開発途上国などは、電子機器や送電網などはあまり無いのでダメージは少ないが、人工衛星や高性能武器を持っている先進国は不利かもしれない。隣国同士の戦争なら、この高高度核爆発は正にちゃぶ台返しになるが、太平洋戦争のように広域とか戦場がアメリカにとっては遠隔地の場合はちゃぶ台返しにはならない。自国の上空なら、自爆的になってしまい、相手国の上空なら相手国への特殊な攻撃になるに過ぎない。
◆サイバー戦争。
インターネットができて以来、この戦争は常に起きており、ますますひどくなってきている。天才なら独りででもできるので、カネのない国でもできるとということである。カネのない国は、これに集中投資している。直接、相手国の、インフラや原発にサイバー攻撃できる。現に、イランでは発生して、核兵器製造で必要な確か遠心分離機を機能停止させた(原発そのものに侵入して、機能不全にしたとも聞いたことがある)。防衛省のコンピュータシステムがハッキングされた事件もあった。大手の某ネット企業がハッキングされて、ユーザーのパスワードが大量に盗まれた事件もあった。また、このサイバー攻撃は一人でもできるので、無関係の国に行って、パソコンをいじって実行できる。なので、戦争で自国が停電になったりインフラが破壊されても無関係。平時なら、自国から第三国を経由してサイバー攻撃をするので足跡が見つからなくなる。それどころか、複数の国を経由しているのでなおさら見つからない。その中には、情報開示しない国もあるし。
◆抑止力とは威嚇力
抑止力とは、反撃力だと思っている人がいるが、威嚇力「防衛目的の威嚇」のほうが近い。正確に言うと、「攻撃するのは、やめよう」と思わせる影響力である。物理的な力でなく、精神的な力(影響力)である。核抑止力という単語がよく使われるが、例えば、F国がG国に核兵器で脅してきたら、G国も核兵器を配備する。すると、F国は、仕返しが怖いから攻撃しなくなる。あるいは、全面核戦争になると、両国が焼け野原になってしまうからF国は攻撃しなくなる。このように、攻撃しても意味がないとか、逆に損をするとか、と思わせることが抑止力というものである。
ーーー

 

コメント

コメントの投稿(管理者の承認後に反映)(すいませんが、迷惑投稿が多いので承認作業は遅れがちです)

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://superportal.blog17.fc2.com/tb.php/198-619c91ab
全ページの一覧
↓↓↓
前半(最近) 後半


目次
↓↓↓

◆◆◆

人気ページ一覧

年齢・干支の早見表 2017年用(表型)
学年と年齢の早見表
学年と年齢の早見表(印刷向き)
学年と年齢の早見表の覚え方

スマホ・携帯用
┣●年齢干支
┃┗2017年用
┗●年齢・学年





日本が海外にお金をばらまき、国内で増税している理由 (新タブで開く)
タイムロック箱でダイエットもゲームやネット中毒も解決
Gmailの良い点悪い点
Gmail経由で迷惑メール対策1
Gmail経由で迷惑メール対策2
Gmailのエイリアスの裏ワザ
文章をコピーするだけで朗読してくれるソフト
電源がある店が探せる
軽くて便利なスマホ用充電器
暗算で頭の回転力アップ
googleクロームのブックマークの裏ワザ
googleクロームではワンクリックでブックマークや履歴が見れる (新タブで開く
メモができるクロームのブックマーク (新タブで開く)
にんにくの匂い(におい)を消す方法
にんにくの(匂い)においを確かめる方法 (新タブで開く)
かんすい無しのラーメン(簡単に作れる)(新タブで開く)
スライサーやおろし器具で指に怪我をしない方法 (新タブで開く)
指定時間にならないと開かない箱や冷蔵庫(ダイエットやネット中毒用) 
ふりがな辞典

お天気ポータル (新タブで開く)




当ブログサイトについて

SI系タイムスタンプ及び行政書士系タイムスタンプ済み (当ブログサイトに記載された日時とは無関係です)




ブログ内検索
ひらがなとカタカナを区別して検索されます
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
プロフィール

asdfgwww

Author:asdfgwww
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード

Appendix






◆ ◆
フレッツ光(光ファイバー)
子猫(子ネコ)






┃┃
┃ ┃