LibreOfficeのバージョン5.3.3をインストールしたので、おいらがやった手順を書きます。

このページではWindows10へのInstallを書きました。でも、もう一台パソコンを持っていたので、後日、Windows7へのInstallも行った。で、このページの終わりの方にその(Windows7の)インストール手順も書きました(ほとんど同じ手順だったので、部分的に書いたに過ぎないが)。

●上書きインストールの場合について:
この説明ページは、すでに旧バージョンがインストールされている場合を例に書いている(アップグレードインストール、あるいは、上書きインストール)。
●クリーンインストールの場合について:
初めてインストールする場合でも、ほとんど同じ手順だと私は思います(クリーンインストール)。
 
で、私がこのバージョンのLibreOfficeをインストールしたきっかけはというと、すでにインストールしてあった旧バージョンのLibreOfficeが、2017-05-13頃にWindowsのアップデートをした後から、起動しなくなったからです。
で、下記がダウンロード・インストールした際の手順です。
┃スポンサードリンク


前置き:
おいらは、パソコンに既に旧バージョンのLibreOfficeが入っているのだが、そのLibreOfficeはアンインストールしなかった。なぜかというと、
1.普通にインストール作業をするだけで、自動でアンインストールしてくれるのかもしれないから。
2.「新しいバージョンのLibreOfficeをインストールするには、旧バージョンのLibreOfficeをアンインストールしてください、という指示が出るはずだから。で、「どっちみちアンインストールするなら、前もってアンインストールしたほうがいいんじゃないの?と思いがちだが、次の「3」が理由で、実は、前もってアンインストールしないほうがいいということがわかるはず」
3.なんといっても、設定が引き継がれることを期待したいから。(とりあえず、結果を言うと、「ちゃんと設定が引き継がれました。」)

┃スポンサードリンク


では、手順です。
窓の杜のLibreOfficeのページを開く。下記URLです。または、「窓の杜 LibreOffice」でGoogle検索する。
http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/libreoffice/
おいらの場合は、Windows10で64bitなので、そのページ内の
「「「
LibreOffice(最新版)(64bit版)
LibreOffice(最新版)(64bit版)
v5.3.3(17/05/11)
「Microsoft Office」互換でオープンソースの無償オフィス統合環境
フリーソフト (寄付歓迎)
対応OS : 64bit版のWindows Vista以降
窓の杜から
ダウンロード
ファイルサイズ 232.8MB
寄付送金
」」」
という部分のボタンを押した。(押す前に、次の行の「すると、それだけで・・・」を読んだほうがいいです)
すると、それだけで(そのボタンを押しただけで)約20秒後に、「LibreOffice_5.3.3_Win_x64」という名のファイルをダウンロードするための、ダイアログが出た。そのダイアログで、デスクトップに保存する指定と、その名前のままで、保存ボタンを押した。なお、おいらはクロームでダウンロードしたのだが、クロームでは、いきなりダウンロードするのが標準的なのだが、おいらの場合は、前もって、ダイアログが出るようになる設定にしておいたので、このようなダイアログが出る(さもないといきなり勝手にダウンロードしてしまうはず)
すると、クロームの左下にダウンロードされたという意味の「LibreOffice_5.3.3_Win_x64」というポップアップ的な物が出てきた。その「へ」みたいな記号を押すと、「開く」というのが出ているのでそれをクリック。
・・・のインストールのウイザードへようこそ、というダイアログが出てきた。
次へ、ボタン
セットアップは、標準にするか、カスタムにするか、という選択が出た。とりあえずカスタムの内容はどんなものなのかを見たいので、まず、カスタムを選んで、次へ、ボタン。
そしたら、カスタムの内容が見れた。と言っても、大雑把な内容です。その内容を見たら、さほど特殊なことではないようなので、戻るボタンを押して、標準を選ぶことにした。なので、戻るボタン。
ダイアログが一つ前に戻った。なので、標準、を選んで次へボタン。
デスクトップにスタートリンクを作成、にチェックを入れて、インストールというボタン(すでに、デスクトップにスタートリンクがある場合は、新たなスタートリンクができないようです。なので、その場合は、今までのスタートリンクを使えば良い)。

--------------下記の灰色部分は通常の場合でないので、飛ばして読んで大丈夫です--------------
「すでに起動しているLibreOfficeを終了させてください」という旨の支持が出た。おいらの場合、半分起動している状態だった。すなわち、起動させるために、アイコンを押したけど、起動しきらないでいた(前述したことだが、今まで使っていたバージョンが起動しなくなったので、この新しいバージョンをインストールしたのだ。なので、起動しようとしても、起動できなかった。すなわち、半分起動している状態だった)。なので起動しているとみなされてこのような指示が出た。なので、インストールは中断させ、Windowsを再起動した。
そして、やり直しをはじめた。でも、すでに、ダウンロードは済んでいるので、デスクトップに先ほどできた、インストールファイルをクリックした。
で、先程やったところまでやった。具体的には、下記の『『『』』』のとおり。
『『『
・・・のインストールのウイザードへようこそ、というダイアログが出てきた。
次へ、ボタン
セットアップは、標準にするか、カスタムにするか、という選択が出た。とりあえずカスタムの内容はどんなものなのかを見たいので、まず、カスタムを選んで、次へ、ボタン。
そしたら、カスタムの内容が見れた。と言っても、大雑把な内容です。その内容をみたら、さほど特殊なことではないようなので、戻るボタンを押して、標準を選ぶことにした。なので、戻るボタン。
ダイアログが一つ前に戻った。なので、標準、を選んで次へボタン。
デスクトップにスタートリンクを作成、にチェックを入れて、インストールというボタン。
』』』

--------------上記の灰色部分は通常の場合でないので、飛ばして読んで大丈夫です--------------
30秒ぐらい待つと、「コンピュータに変更を与えることを許可しますか」とでるので「OKボタン」。
クロームを閉じろ、という旨のダイアログが出たのでクロームを閉じ、しかも、そのダイアログの「close・・・」の方を選んで(しかも、clomeの文字の部分もクリックして、反転させる)OKボタン。
すると、ほっておいてもどんどんインストールが行われて(途中、小さいウインドウで進行状況が説明されるのだがほっておいてもインストールされるのでそのまま待つ)、約3分(5分ぐらいかな)で「インストールが正常に完了しました」と表示される。
なので、完了というボタンを押した。
で、デスクトップに、LibreOfficeのアイコンができていたので、そのアイコンをクリックした。(注意:今まで使っていたアイコン(ショートカット)がデスクトップにあるなら、そのボタンを押すこと。決して、先程の、インストールファイルのボタンを押してはいけない(押しても中断すれば済むのだろうけど)。)
すると、LibreOfficeの最近使ったファイルの一覧が出てきた。
おいらは、最近使った表計算があったので、それを押した。そしたら、ちゃんと、起動した。当然、今までの設定が引き継がれていた。
Writerも起動してみた(LibreOfficeのアイコンを起動して、出てきたLibreOfficeのアイコンです。このアイコンを押すと、先程もでた「LibreOfficeの最近使ったファイルの一覧」が出るのだが、その一覧の左カラムには、WriterやCALCやImpressやDrawやMATHやBASEのスタートボタンがある)。
そしたら、ちゃんと、Writer起動し、しかも、今までの設定が引き継がれていた。

これですべて完了。
感想やコメント:
起動が早い。使いやすい感じである。

デスクトップにできた『インストーラーパッケージ』はゴミ箱に移した。あとで、完全削除する予定。これは、インストールするための単なる材料であり、もはや必要がないし、システムとはつながっていない。なので、普通に削除した(とりあえず、ゴミ箱に入れたのだが、「完全削除してしまおう」とあとで思った。なので、後に、ゴミ箱内で右クリックして削除を選んで完全削除しました)。
(システムとつながっているインストールされたLibreOfficeならば、このような単純削除をしてしまうと、ウインドウがぶっ壊れるおそれがあるので、そういう場合は、当然、「コントロールパネル→プログラムと機能→LibreOfficeで右クリック→アンインストール」という適切な手順でアンインストールしなければならない。)

追記(2017-05-28):
Windows7の64ビットも持っているので、それもバージョンアップした。
くわしくいうと、Apacheの方のバージョン4.1.2をバージョン5.3.3(くわしく言うとバージョン5.3.3.2 (x64))にした。
Windows7の場合もWindows10の場合とほとんどというか全くと言っていいほど同じインストール手順だった。
なので、Windows7の場合のインストール手順を書いても、あんまし意味がないのですが、手順の一部を取りあえず下記の「「「 」」」内の通り書きました(当然、同じことまたはほぼ同じことを書いているにすぎない)。
「「「
クロームの左下の「ヘ」を押したら、「ダウンロードしたら開く」というリンクがでたので、クリックしたら、5分ぐらい待ってくださいという旨の表示が出たので待った。
で、約5分後に「開いているファイル-セキュリティの警告」というダイアログが出た。
実行ボタン。
・・・のインストールのウイザードへようこそ、というダイアログが出てきた。
次へ、ボタン
(このWindows7の場合は、おいらの場合、calcとクロームが起動した状態だったので閉じた。その後に、インストールした。)
」」」

┃スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿(管理者の承認後に反映)(すいませんが、迷惑投稿が多いので承認作業は遅れがちです)

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://superportal.blog17.fc2.com/tb.php/200-4d4cc70d
全ページの一覧
↓↓↓
前半(最近) 後半


目次
↓↓↓

◆◆◆

人気ページ一覧

年齢・干支の早見表 2017年用(表型)
学年と年齢の早見表
学年と年齢の早見表(印刷向き)
学年と年齢の早見表の覚え方

スマホ・携帯用
┣●年齢干支
┃┗2017年用
┗●年齢・学年





日本が海外にお金をばらまき、国内で増税している理由 (新タブで開く)
タイムロック箱でダイエットもゲームやネット中毒も解決
Gmailの良い点悪い点
Gmail経由で迷惑メール対策1
Gmail経由で迷惑メール対策2
Gmailのエイリアスの裏ワザ
文章をコピーするだけで朗読してくれるソフト
電源がある店が探せる
軽くて便利なスマホ用充電器
暗算で頭の回転力アップ
googleクロームのブックマークの裏ワザ
googleクロームではワンクリックでブックマークや履歴が見れる (新タブで開く
メモができるクロームのブックマーク (新タブで開く)
にんにくの匂い(におい)を消す方法
にんにくの(匂い)においを確かめる方法 (新タブで開く)
かんすい無しのラーメン(簡単に作れる)(新タブで開く)
スライサーやおろし器具で指に怪我をしない方法 (新タブで開く)
指定時間にならないと開かない箱や冷蔵庫(ダイエットやネット中毒用) 
ふりがな辞典

お天気ポータル (新タブで開く)




当ブログサイトについて

SI系タイムスタンプ及び行政書士系タイムスタンプ済み (当ブログサイトに記載された日時とは無関係です)




ブログ内検索
ひらがなとカタカナを区別して検索されます
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
プロフィール

asdfgwww

Author:asdfgwww
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード

Appendix






◆ ◆
フレッツ光(光ファイバー)
子猫(子ネコ)






┃┃
┃ ┃