ハゲが治った体験。卵黄マヨネーズでハゲが治り、生えてきた実体験を書きます。

これは、個人の体験にすぎませんが、実際に、おいらが体験したことなのです。
おいらの場合だが、マヨネーズは必ず卵黄のみのマヨネーズをにする。なぜなら白身があるとハゲげやすいから。実際、おいらは、全卵のマヨネーズをやめて卵黄のマヨネーズにしたら、ハゲかけていた頭髪が禿げなくなり、治った。すなわち、ハゲかかっていた部分に毛が生えてきて、しかも、すでに禿げていた部分に毛が生えてきた。そして、普通の人の髪の生え具合になった。おいら、これには驚いた。

で、具体的に言うと、
2010年ー2015年・・・頭皮マッサージ(結果論的にはこのマッサージは不要だとわかった)
2011年ー2015年・・・全卵マヨネーズを食べる(これも結果論的に不要。それどころか逆効果)
2014年ー現在・・・卵黄マヨネーズを食べる。最初は全卵も少しは食べていた。
文章で説明しよう。剥げてきたので、頭皮マッサージをし初めたその翌年からは全卵マヨネーズを食べるようになった。全然効果がなかった。ネットで白身はハゲの原因になると知った。なので、卵黄マヨネーズに変更した。そしたら、その半年後から、ハゲが直り始めたことに気づいた。これはいいぞと思い、卵黄マヨネーズをほぼ毎日食べた。で、おいらは思った。もしかすると、「マッサージをしなくてもハゲに効くかな。最近、頭皮マッサージをするのをサボっていたし。そうだ、いっそのこと、頭皮マッサージを全くやめて、卵黄マヨネーズだけのハゲ対策にしよう。」このように思い、卵黄マヨネーズだけのハゲ対策にした。そして、卵黄マヨネーズだけにして3年以上経っているのだが、ハゲが治ったままで一向にハゲかける気配はない。すなわち、ハゲかけていた部分はハゲが止まり、すでに禿げてしまった部分は髪が生えてきた。

で、どのくらいの量を食べているのかというと、おおむね1週間に4日ぐらい食べ、1日あたり、大さじ1杯か2杯です。
大さじ一杯といってもわかりにくいと思いますので、下記の説明を見てください。
 大さじ一杯=15ml=15cc(キュービックセンチメーター)=15c㎥=5cm×3cm×1cm=2.466cm×2.466cm×2.466cm2.5cm×2.5cm×2.5cm。 早い話が→ 大さじ一杯は2.5cm×2.5cm×2.5cmのサイコロとほぼ同じ容積。 ついでに言うと、マヨネーズの重さは→大さじ1杯で12g

おいら、マヨネーズダイエットをやっていて、それに並行してこの実体験をしました。
そのマヨネーズダイエットのページもこのブログにあるので見てね。

追記:
すでにおわかりと思うが、卵黄マヨネーズを食べるだけであり、頭皮マッサージは不要である。
追記:
白身と言っても、加熱して固くなった白身なら、禿になる原因にならない。なので、生卵や全卵マヨネーズはダメだけど、目玉焼きや卵焼きやゆで卵や卵黄マヨネーズならよい。
追記(2017-09-11①):
前述のとおり、マヨネーズは全卵型と卵黄型がある。このブログページの上記では卵黄型が、おいらの場合、薄毛対策に大変効果があったと書いた。
で、全卵型も卵黄型も、大手量販店では500mlで約160円で売っている。ものすごく安い。
セブンイレブンにはおいらが調べた限りでは、全卵型(500mlで160円ぐらい)しかなかった(セブンイレブンのプライベートブランドでは卵黄型は見つからなかったが、セブンイレブンで売っている他メーカー(大手)の卵黄型は割高だが売ってはいた。
COOPやイオンモールではプライベートブランドでどちらも売っていて500mlで約160円。
ベイシアグループのスーパーでは、プライベートブランドでは、少なくともおいらが行った店舗では卵黄型で500mlで約160円。
追記(2017-09-11②):
マヨネーズの主要な原料は製品の裏を見ればわかるが「醸造酢+卵+植物油脂」である。醸造酢と卵は健康にすこぶる良いのは常識である。植物油脂は健康にいいという人も悪いという人もいるが、おいらの場合、自宅で卵黄マヨネーズを食べるときは、多くの場合、まず器に卵黄マヨネーズを大さじ1杯ぐらい入れ、さらにオリーブ油をだいたい大さじ半分ぐらい入れ、かき混ぜて食べている。オリーブ油を入れると、おいらの場合ものすごく美味しく感じる。最初食べたときは「こんなに美味しいとは」と驚いたぐらいだし。ということで、マヨネーズは健康にもいいとおいら個人の見解としては思う。
この卵黄マヨネーズ+オリーブ油を小さいペットボトルに入れて外出先で飲むときもある。この方が飲む(食べる)姿の見た目もいいし飲む(食べる)作業も超簡単だし。
 

ーーーあくまで個人の体験です。他の方に効果があるかどうかはわかりません。ーーー

 

追記(っていうか、その後の報告):
2018-02-23時点の報告をします。もう、完全にもとに戻ったと言っていいくらい、髪が復活した。具体的にいいましょう。8年前頃から、薄毛に気がついたのですが、それより前、すなわち、9年前とかそれ以前と同じに戻ったと思う。その頃の写真があれば良いのだが、無いので、記憶で言うとそういうことです。ただし、白髪は増えました。っていうか、以前は白髪は部分的とか偏在したまばらっていう感じだったんです。ところが、今は全体的に黒い髪と白い紙が自然な形で混在しています。なので、あわよくば、たけしや水道橋博士みたく薄い金髪に染めたのかなって思われるような白髪ですね。
念のために、書くが、今まで何を食べていたかというと、前述のとおりです。すなわち、卵は平均で1週間に1つか2つ食べ、その際は、必ず目玉焼きか卵焼きにして白身は白になった状態で食べている。あと、卵黄のマヨネーズを2,3日に大さじ1から2杯食べている。
直接関係あるかどうかわからないが、最近やっていることは、
 DHC社のDHAを1日2つ~4つ食べている(パッケージには1日4つって書いてある)。
 新ビオフェルミンS錠を歯の健康のために寝る前とかは必ず2錠飲み、たまに食後にも飲む。
 目の健康のためにルテインを飲んでいる。同じ理由で、ほうれん草も食べている。
 3分早歩きを1日3回やっている。(本来は1日に、「3分ゆっくり歩きー3分早歩きー3分ゆっくり歩きー3分早歩きー3分ゆっくり歩きー3分早歩きー3分遅歩き」を1回やるというのが理想的なんです。だけど、おいらの生活事情で、3分早歩きを1日3回やるにはやるが、例えば、朝に3分早歩きを1回やり、昼にも3分早歩きを1回やり、夕方にも3分早歩きを1回やる。それだけです)
 立ってやる腹筋運動をしている。前屈とかのラジオ体操の一部分みたいの。
 腹に力を入れるいわゆるドローイングという体操。











ハードディスクのアクセス音が繰り返す。耳障りなので鳴らなくしたい。その解決法を書きます。

症状:
 Windowsのノートパソコンでほぼ連続的に「ギシャン」とかいう音が連続的にする場合があります。約3秒に1回鳴るのを繰り返すのです。もっと具体的に言うと約3秒おきに「ギシャン ギシャン ギシャン ギシャン ギシャン」と音がするのです。これはパソコンがハードディスクのデータにアクセスする音です。パソコンを使っている時にハードディスクがなるのは当たり前じゃないかと言うかもしれないが、かなり気になる音なんです。文字で表すのもどうかと思うが「ギッギッギッ」という音はハードディスクの当たり前の音というかよく聞く音です。その音ではないんです。前述のとおり、約3秒おきに「ギシャン ギシャン ギシャン ギシャン ギシャン」という音です。でも、おいらの経験上はっきりと正常の音だといえます。簡単に言うと、ハードディスクは正常だけど「ギシャン ギシャン」という気になる音が気になるテンポでなり続けるという症状です。
この音が、一回とかたまにとかならわかるが、ほぼ連続的に、3秒ぐらいのテンポで続くのです。
この症状が出ているパソコンは、おいらの場合で言えば、Windows10です。でもこのWindows10はWindows8をアップデートしたものです。なら、Windows8のときはどうだったのかと言われるかもしれない。でも、おいらは中古でしかも、Windows10にアップデート済みのものを買ったので、Windows8のときの症状は知らないです。
昔のWordでファインドファーストという機能があったが、それと同じ感じの症状です。Wordのファインドファーストとはパソコン内にWordのファイルがいっぱいある場合にすぐにパソコン内検索できるように準備として整理しておいて(たぶんタグ付けみたいの)、検索する際に瞬時に検索結果が表示される機能です。そのタグ付けの作業でこの音がして、しかも、数十分という長い間だったんです。
 
解決法:
まずは、解決するまでの経緯とか試行錯誤について書きます。(でも、そんな話よりも、結論を言ってくれ、と言われると思うので、結論を知りたい方は、この「解決法」の欄でなく、一番下の欄の「結論のまとめ」という欄をご覧ください。)
あ:
インターネット接続を切ってみた。すなわち、LANケーブルを抜いた。でも、やや音の頻度が減っただけで、ほとんど効果なかった。
 
い:
ウイルススキャンをする。すると、ウイルススキャンをしているときは、この音はしない。でも、ウイルススキャンをしているのでネット閲覧とか文書作成とかの通常の作業が遅くなったり、つっかえつっかえの動きになる。
 
う:
スタートボタンで右クリック→検索→「デフラグ」で検索→すると、「ドライブのデフラグと最適化」と出るのでクリック→最適化ボタンをクリック→すると、デフラグが始まる→デフラグ中途でフラグが完了した数十分間はこの問題となっている音がしない(したとしても、ほんの時折)。
この機能(デフラグの効果で音を出さなくする)は数十分しか効果がないので、効果がなくなった時点で、もう一度、この機能を使えばよい。なので、すぐにこのデフラグのボタンを出せるように、タスクバーのアイコンを右クリックし→タスクバーにピン留めするをクリック。そうすれば、タスクバーからすぐにこのボタンがついている、小ウインドウをだしてボタンを押してデフラグを開始できる。
 
え:
スタートボタン→設定→プライバシー→左メニューの下部にあるバックグランドアプリ→アプリのバックグラウンド実行を許可する、をオフ→これで問題の「ハードディスクのアクセス音」がしなくなる(止まる)のだが、すぐには音が止まらない。10分ぐらいの間は、完全に音が止まる。まあ、完全に止まると言っても、他の作業が原因で音がするかもしれないが、それは仕方がないというか、必要性があってのことだから仕方がない。なので、ほぼ完全に止まるといったほうがいいだろう。
でも、Windows Defenderセキュリティーセンターはオンにした方がいいかも。おいらは、今(2017-08-05現在)は全てOFFにしているが、今後もこの結果とかさらなる試行錯誤の結果を書きます。

↓その後どうなったかというと。

1時間ぐらいしたらまた鳴り出した。なので、ある程度しか効果がない感じ。
 
結論:
下記のとおり①と②の2通りあり、どちらかを採用すると良いということである。
 
①一番確実な方法は、ノートパソコンに外部モニターとUSBマウスやUSBキーボードやその他のUSB機器をつなげて、ノートパソコン本体から音が聞こえないところまでケーブルで離して、パソコン作業することです。あるいは、布団でパソコンを覆ったり、密閉に近いスーツケースなどの箱などに入れるという形で音を遮るのもいいかも。でも、ノートパソコンの熱がこもらないように気をつけたほうがいいだろう。
ノートパソコンだけで作業する場合は、
まだ、完全には解決していないが、実用レベルで使える方法は、上記の「う」ですね。「い」も欠点があるが長い時間静かな環境で集中して作業をしたいならこれを使っても良いだろう。「え」は効果があるのかどうか分からに感じです。あとで、その後の状況を書きます。

②「い」に工夫を加えた方法で解決法がある。この解決法は、おいらが、現時点で最高の方法で、実際、現在(2017-09-08)この方法を採用している。ではその方法を下記に書きます:
ひとことで言うと、ウイルススキャンを特殊な設定で動作させてウイルススキャンさせるのです。すなわち、ウイルススキャンの作業を他の作業よりも優先度が低い形に設定するのです。ここでは、Aviraの無用版のウイルス対策ソフトAvira Free Antivirusを例にとってこの手順を書きます。でも、他のウイル対策ソフトも操作方法は違うが、働きは同じはずなので、このAvira Free Antivirusの操作を参考にしてください。では、手順を書きます。
Avira Free Antivirusを起動(タスクトレイのAviraのアイコンを右クリックしてantivirusの管理をクリックすると起動する)→すると、最初の画面(総合的な操作画面)が出る→その画面の真ん中あたりに、メインの操作と言える2つの操作ボタンが有る。それは「システムのスキャン」というボタンと「更新の開始」というボタンである。で、「システムのスキャン」というボタンの右隣に歯車マークがあるのだが、その歯車マークをクリック→すると、スキャンの設定画面が出る。その中で「スキャナの優先度」という欄の隣にプルダウンメニューがある。そのプルダウンメニューは通常は「中」なのだが、おいらは「低」に変更した。この「低」にすることが肝心なのです。この「低」はすべてのパソコンの動作の中でかなり優先度が低い作業という意味です。なので、ウイルススキャンは優先度が低くなるように設定するということになります。で、実際は、このブログページで問題にしている、いわゆる「このうるさいハードディスクのアクセス作業」はそれよりも優先度が低または同じ程度になるようです。なので、この設定でウイルススキャンをすると、「このうるさいハードディスクのアクセス作業」がほぼ皆無あるいは本当にたまにしか実行されなくなります。おいらはこの方法を採用しているのだが、パソコン作業(ネットサーフィンとか文書作成とか)がスキャンのためにつっかえつっかえする動きになるということは全くと言っていいほどないです。少なくともおいらのパソコン環境ではそういうことです。
なお、その設定の画像が下記画像です。これでOKボタンを押せばいんです。

abira-settei-gamen.jpg
 

 ↓↓↓
後日談
 ↓↓↓
おいら、驚きました。なんと、ほとんどウイルススキャンの動作をしなくてもこの「約3秒おきの『ギシャン ギシャン ギシャン ギシャン ギシャン』という音」がしなくなるんです。この設定にするだけで、この「ハードディスクのアクセス音」がほとんど発生しなくなったんです。この設定をするだけでほぼ解決したってことです。まあ、たまにこの「ハードディスクのアクセス音」が連続して発生することがあるにはあるが、その場合は、ウイルススキャンをすれば発生しなくなるし、「スキャナの優先度」を「低」に変更してあるので、パソコン作業の妨げにもほとんどならないし。
ということは、この「ハードディスクのアクセス音」はこのウイルス対策ソフトの機能が原因だったのかもしれないのかなーっておいらは一瞬思いました。でも、おいらは、他のノートパソコン(Windows7)でもAviraを「中」の設定で使っていても、この気になる「ハードディスクのアクセス音」がなかった。なので、Aviraが原因とは思いにくい。
 ↑↑↑
上記の横線(打ち消し線)の部分についてだが、設定をしたその時だけ効果があったに過ぎませんでした。設定をして半日すると、再びハードディスクのアクセス音がするようになりました。
   
追記:
ウイルススキャンをそんなに頻繁にやってしまうと、ハードディスクを酷使しすぎてハードディスクの寿命を縮めるのじゃないとという反論も出るでしょう。それについてのコメントを下記に書きます:
 ○ この「低」に設定していて、しかも、この嫌な音がした場合だけ、ウイルススキャンを開始して実行させ、長く席をたつときとか、動画再生とかの負荷の多い場合にはウイルススキャンを一時停止させればいいのだし。現においらはそうしているのだが、こういうウイルススキャンの使い方をしているので、6時間以上しないとウイルススキャンが終わりません(設定を「中」にするという、従来のウイルススキャンなら40分で終わる。)。そのくらい、ウイルススキャンではハードディスクに負荷をかけていないということです。それに、普通は1週間に1回か2回はウイルススキャンをするものなので、この「低」での方法ならウイルススキャンの頻度がちょっと多いかなっていう程度にすぎないと思います。
 ○ 何も操作しない状態が一定時間が経過すると自動的にスリープモードにする。具体的には、「「「(Windows10の場合だが)スタートボタン → 設定 → システム → 電源とスリープ → スリープ:10分(10分は例です)」」」。そうすれば、ウイルススキャンをする必要が無いのにウイルススキャンをするという無駄がなくなる。
 


下記の枠内の方法を取ったら、その直後の10時間はたしかに、あのハードディスク音がなくなりましたが、その後、ほぼ以前通り、時々その音がしています。まあ、パソコンの動きが早くなったはずなので、良いことではあるのだが、
追記(2018-03-11):
完全に解決しました。
やり方は、日経PC21という雑誌の2018年の3月号の32と33ページに書いてあるとおりにやって再起動したら、完全解決し、もはや音がなくなりました。ややくわしくいうと、無効にしても構わないという意味の「✕」印の機能を無効にし、使い方によっては無効にしてよいという意味の「△」印の機能をおいらに該当するもののみ無効にした。
 
で、これと、たぶん、ほぼ同じことが書いてあるネットのページもおいらは見つけました(なぜ、たぶん、なのかというと、おいらはこのページを参考にして設定変更したのでなく、前述の日系PC21のページを参考にして設定変更したからです)。そのページは 【高速化】Windows10の遅さを根本解決!不要サービスを止める方法 です。
または、「windows10 不要なサービス」でGoogle検索すると、他にもこの関連の説明ページが見つかる。
 

ということで、今まで下記にいっぱい書いてしまいましたが、上記で完全解決したので、下記はもはや不要になりました。下記は、参考関連情報としては価値があるので、残しておきます。
 

 
結論のまとめ:
 ○ ウイルススキャンを上記の設定画像のようにする(aviraの例なので、他のウイルススキャンの場合はこれを参考にそれなりに設定する)。
 ○ ハードディスクのアクセス音が数秒ごとに繰り返す場合はこのウイルススキャンをする。
 ○ パソコンに高い負荷をかけるような作業(例えば、動画の再生や頻繁な画像の閲覧など)をする場合はウイルススキャンを行わない、または、一時停止する。

ウインドウズアップデートを短時間でする方法。約10%の時間で済むうえに同じ結果。

要約:
シャットダウンするという方法で重要な更新のインストールをさせない。代わりに、予定通りの自分のパソコン作業をしながらインストールをさせ、最後に再起動させることで、重要な更新のインストールを完了させる。

詳細説明:
Windowsで電源をOFFにしたり、再起動したりするために、スタートボタンを押して、電源を選択すると、強制的にシャットダウンしか選べなくなっていて、再起動とか、スリープとかが選べなくなっていることがありますよね。シャットダウン時に重要な更新をするときのパソコンはこうなっています。
シャットダウンする予定だったならシャットダウンボタンを押してあとはほっておくだけでいいので問題ない。しかし、再起動しようとしていた場合に重要な更新がある場合は、シャットダウンしか選べません。しかも、重要な更新は1時間ぐらいかかることがあります。
このような、1時間とかの長い時間をほんの5分ぐらいにする方法(パソコン作業中にバックグラウンドでインストールをさせる)がありますので、下記にその手順を書きます。

重要な更新のアップデートは、次の「あ」と「い」の2通りの方法があり、どちらか一方を選べばよい(「い」の方法がこのページが紹介したい方法である)。
 
あ・・・スタートボタン→電源→シャットダウン、の手順。この場合、重要な更新のダウンロードとインストールを行うために、パソコンが使用できない。「ダウンロードしています」とか「8件中5件目をインストールしています」とかの表示が出るのだが、1時間以上かかることもある。その間、パソコン作業が全くできない。そして、インストール終わると(このインストールは実は完全に終わっていない。次回の起動時にインストールがすべて完了する)、電源が切れる。そして、すぐ後でも、翌日でもいいのだが、電源をいれると、インストールの最終作業として、5から10分ぐらいの再起動みたいのことをする(「更新プログラムを構成しています。33%完了。コンピュータの電源を切らないでください」とかいう表示が出るやつです。)。そして、最後にパソコンが通常の起動を行う。
 
い・・・再起動をさせようと思って、「スタートボタン→電源→再起動」を選ぼうと思ったら、シャットダウンしか選べなかったとする。その場合は下記の手順を行う。 
スタートボタン。

設定。(Windows7場合は「すべてのプログラム」→Windows Update)

更新とセキュリティ。

Windows Update。

更新の状態の欄の「更新のチェック」を押す。(Windows7の場合は他の表記のボタンだったと思う)

すると、更新がある場合はダウンロードが始まる(手動でダウンロードを開始したことになる)。そのダウンロードは場合によっては1時間ぐらいかかることがある。この1時間とかの時間はシャットダウンをした場合でも、1時間かかる。
これは、手動でダウンロード(続いて自動でインストール)させる方法であり、しかも、そのダウンロード中に自分のパソコン作業(たとえば表計算とかネットサーフィンとか)ができる。前述した手順で、ダウンロードとインストールが終わると、「更新を完了するために再起動をしてください」という表示が出るので、再起動をするのだが、再起動をしなくてはいけないのではない。自分のパソコン作業が終わったら再起動させればよい。この再起動はインストールの最終作業も行うので、約5分かかリ、「更新プログラムを構成しています。33%完了。コンピュータの電源を切らないでください」とかいう表示が出る。そして、その約5分後に普通に再起動したのと同じく、起動後の画面が出る。
 
この「い」のように作業をしながら重要な更新のほとんどの部分ができる。
 
 
全ページの一覧
↓↓↓
前半(最近) 後半


目次
↓↓↓

◆◆◆

人気ページ一覧

年齢・干支の早見表 2018年用(表型)

年齢・干支の早見表 2017年用(表型)
学年と年齢の早見表
学年と年齢の早見表(印刷向き)
学年と年齢の早見表の覚え方

スマホ・携帯用
┣●年齢干支
┃┣2018年用(今年用)
┃┗2017年用(去年用)
┗●年齢・学年





日本が海外にお金をばらまき、国内で増税している理由 (新タブで開く)
タイムロック箱でダイエットもゲームやネット中毒も解決
Gmailの良い点悪い点
Gmail経由で迷惑メール対策1
Gmail経由で迷惑メール対策2
Gmailのエイリアスの裏ワザ
文章をコピーするだけで朗読してくれるソフト
電源がある店が探せる
軽くて便利なスマホ用充電器
暗算で頭の回転力アップ
googleクロームのブックマークの裏ワザ
googleクロームではワンクリックでブックマークや履歴が見れる (新タブで開く
メモができるクロームのブックマーク (新タブで開く)
にんにくの匂い(におい)を消す方法
にんにくの(匂い)においを確かめる方法 (新タブで開く)
かんすい無しのラーメン(簡単に作れる)(新タブで開く)
スライサーやおろし器具で指に怪我をしない方法 (新タブで開く)
指定時間にならないと開かない箱や冷蔵庫(ダイエットやネット中毒用) 
ふりがな辞典

お天気ポータル (新タブで開く)




当ブログサイトについて

SI系タイムスタンプ及び行政書士系タイムスタンプ済み (当ブログサイトに記載された日時とは無関係です)




ブログ内検索
ひらがなとカタカナを区別して検索されます
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

asdfgwww

Author:asdfgwww
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード

Appendix






◆ ◆
フレッツ光(光ファイバー)
子猫(子ネコ)






┃┃
┃ ┃